ニュース

平波亘監督『the believers ビリーバーズ』に奈緒、今泉力哉らがコメント

映画『the believers ビリーバーズ』に寄せられた著名人コメントが公開された。

11月14日から東京・池袋シネマ・ロサでレイトショー公開される同作は、平波亘監督の約4年ぶりの長編作品。音楽を作る恋人と暮らす女性の1年を綴った「#01『ドとレとミとファとソとラとシの音が出ない」』、愛し合いながらも離れては想い合う女性同士の数年間を描いた「#02『彼女』」、運命の相手を探す男性と毎日を気ままに生きる女性が彷徨う街の1日をスケッチした「#03『シティポップ』」、カメラマンの男性が謎の少女と一夜を過ごす「#04『終電後の世界』」の4編の物語で構成される。

コメントを寄せたのは、奈緒、今泉力哉、いまおかしんじ、田中俊介、二ノ宮隆太郎、草野なつか、前田健雄(キネマ旬報)。劇場で販売される公式パンフレットには、それぞれのエピソードのトークセッションや、平波監督インタビュー、今泉力哉と草野なつかによる作品寄稿、劇中写真が掲載される。

公開初日の11月14日には平波亘監督と出演者による舞台挨拶、11月15日には平波監督、柳英里紗、宇賀那健一によるトークショーが行なわれる。

奈緒のコメント

信じるということは怖くて難しくて骨が折れる。映画の中で交差するBelieversと、いつか私も街ですれ違っていたかもしれない。時にただ誰かを信じ幸せになることを願う私たちを、今日も平波さんはあの優しいアルカイックスマイルで目を背けずに見てくれているんだろうなぁ。
平波さんに会いたくなりました。

今泉力哉のコメント

孤独にもなれない夜を幾度となく過ごして、そして何度も裏切られて。
それでも。この映画のラストカットを見たら優しさってどういうことか少しわかるかもしれない。
その重さを煙たがって振り払うのは簡単だけど。

いまおかしんじのコメント

うまくいったと思っても裏切られ、何とかなると開き直ってもドツボにはまる。
一生懸命間違え続けるこいつらがアホすぎて涙がでる。それでも朝がくる。
新宿の朝ってこんなキレイだっけ。

田中俊介のコメント

彼ら彼女らが生きる毎日には一体どんな音楽が流れているのだろうか。
世間が言うハッピーソングを求めるんじゃなく、自分が思うハッピーソングを信じ、自分に流し続ければいいんですよね。
あれを流さなくちゃ、あれにならなきゃと思うから、ノイズが入るんすよね。

二ノ宮隆太郎のコメント

平波監督は映画愛が半端ない方です。
作る映画も愛についての映画しかないんじゃないかな。
そんなことねーよと自分怒られるかもしれません。
4年ぶりの新作。観てくださったら分かると思います。
愛が凄いんです。

草野なつかのコメント

置いて来た、捨てて来たはずの感覚が呼び戻される。目を覆いたくなるような弱さと暴力性、恥ずかしさが混在する「この世界」。しかしそれは決して懐古主義的な訳ではなく、現在との強固な地続きの関係があることを思い知らせてくる。嫌というほどに。
彼らにはどうかこれからも生きていってほしい。人生は続いていくし、意外としぶとく街は生きていく。
(パンフレット寄稿文から抜粋)

前田健雄(キネマ旬報)のコメント

「○年前」というわずかなナレーションとともに一瞬で過ぎ去る時間。我に返って、かろうじて確からしさを感じられる時間の中で重なりあう、ささやかな人生。そして、それら別々に流れる時間の衝突をリセットするかのようなアナログ風のビデオノイズ。
それはまるで遠い惑星からのリモート映像のように、映画全体を懐かしく包み込む。
若手俳優の息づかいにも、東京とは確かにこういう街なのだという手触りが感じられた。

『the believers ビリーバーズ』ビジュアル ©8ooLIES PRODUCTION
『the believers ビリーバーズ』ビジュアル ©8ooLIES PRODUCTION
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. 映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣 1

    映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣

  2. SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』 2

    SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』

  3. 山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年 3

    山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年

  4. Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露 4

    Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露

  5. スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA 5

    スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA

  6. 尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催 6

    尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催

  7. 宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」 7

    宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」

  8. 米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA 8

    米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA

  9. 藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に 9

    藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に

  10. 石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送 10

    石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送