ニュース

『東京デザインが生まれる日』対談陣に川上未映子、吉澤嘉代子、安達祐実ら

左からくっきー!、川上未映子、吉澤嘉代子、安達祐実
左からくっきー!、川上未映子、吉澤嘉代子、安達祐実

ドラマ『東京デザインが生まれる日』の対談クリエイター陣が発表された。

12月2日からテレビ東京で放送される『東京デザインが生まれる日』は、同ドラマの企画、演出を手掛ける千原徹也(れもんらいふ)が担当したデザイン企画や作品をモチーフに、その成立の経緯やプロセス、関わった人々を描く連続ドラマ。ドラマパートと、千原と様々なクリエイター、俳優との「対談ブロック」で構成された「フィクション(ドラマ)とノンフィクション(対談)のハイブリッド」作品となる。ドラマパートには、モトーラ世理奈、MEGUMI、後藤淳平(ジャルジャル)、もも(チャラン・ポ・ランタン)、伊藤万理華、新井郁、奈良裕也が出演。

第1話にはくっきー!(野性爆弾)、第2話には川上未映子、第3話には吉澤嘉代子、第4話には安達祐実が登場。

第1話では、雑誌『bis』で連載中の「女型人間くっきー」を題材に「クラブのママに扮したくっきー!が手刀でドンペリの瓶を真っ二つにする」というアイデアを限られた予算と時間の中でいかに形にしていったのかが「ドラマの背景」として語られる。

第2話では「わたし、いい度胸してる」というキャッチコピーを冠した女性向け下着ブランド・ウンナナクールの広告を題材に「小説の言葉/広告の言葉」「好きなことを仕事にすること」が話題となる。

第3話では吉澤嘉代子の『残ってる』のCDジャケットを千原と共に手掛けたエピソードを紹介。第4話では、同ドラマのナレ―ションを務める安達祐実が千原への信頼とこれからの企みを語る。

くっきー!(野性爆弾)のコメント

なんとまぁ
緩やかで穏やかな時間
まるで大きな袋にシジミの中身を大量に詰め込んだマットで寝るが如く緩やかで穏やかな時間でございました。
ごゆっくり。

川上未映子のコメント

千原くんとは、初対面からすぐに打ち解けて友達のようになり、以来、色々な仕事をご一緒しています。中でも「女の子の人生を応援する」をテーマにしたウンナナクールの広告は、今年で5年目。どれも印象深く、広告と言葉の関係について、毎回、新しい発見があります。千原くんとはテンションとタイミングがそもそも似ているのか、独特の信頼関係が成り立っていて、やはり他では味わうことのできない手応えを感じています。

吉澤嘉代子のコメント

千原さんとのお仕事がドラマ化されるなんて…!こんなことが現実に起きるんだ…!とまだ驚きのさなかにいます。思えばずっと、私にとって千原さんは魔法使いで、会うたびにドキドキワクワクするドラマを見せてくれました。いつも飄々としているけれど、ふと子供のような眼差しに変わる瞬間があり、これはあたらしいことが起きる合図だなと感じます。

安達祐実のコメント

千原さんとのお仕事は、いつもスピーディーで穏やかです。
出会ってからまだ数年ですが、その短い期間に沢山のお仕事をご一緒させていただきました。
千原さんは、私を枠や型に収めず、私という素材で自由に遊んでくれる人です。そして、イメージをそのまま可視化できる人なのだと思います。
今回のドラマも、千原さんの頭の中にあるものを覗くことが出来るかもしれない!と、ワクワクしています。

『東京デザインが生まれる日』 ©「東京デザインが生まれる日」製作委員会
『東京デザインが生まれる日』 ©「東京デザインが生まれる日」製作委員会
吉澤嘉代子『残ってる』ジャケット 提供:日本クラウン
吉澤嘉代子『残ってる』ジャケット 提供:日本クラウン
映画『最終日』ティザービジュアル
映画『最終日』ティザービジュアル
画像を拡大する(4枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む 1

    ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る 3

    KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る

  4. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 4

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  5. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 5

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  6. Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ 6

    Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ

  7. トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース 7

    トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース

  8. ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも 8

    ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも

  9. 狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー 9

    狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー

  10. アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」 10

    アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」