サン・ラーのSF映画『サン・ラーのスペース・イズ・ザ・プレイス』場面写真

映画『サン・ラーのスペース・イズ・ザ・プレイス』の場面写真が公開された。

日本初公開となる同作は、1960年代後半から1970年代初頭にかけて、アメリカ・カリフォルニア大学バークレー校で「宇宙の黒人」という講義を行なっていたサン・ラーの存在が、サンフランシスコでアヴァンギャルドアートを展開していた「DILEXI」のプロデューサーであるジム・ニューマンの目に留まり実現したSF映画。サン・ラーが脚本、音楽、主演を務めている。あらすじは、1969年頃に地球から姿を消していた大宇宙議会・銀河間領域の大使サン・ラーが音楽を燃料に大宇宙を航行する中、地球と異なる理想の惑星を発見し、ジャズのソウルパワーによる同位体瞬間移動で米国にいる黒人たちの移送計画を立てるが、その技術を盗もうとアメリカ航空宇宙局の魔の手が迫るというもの。2021年1月29日から東京・アップリンク吉祥寺、新宿シネマカリテほかで順次公開。

サン・ラーの宇宙船が地球に帰還する様子を連続で捉えた場面写真では、2つの目玉のような部位からレーザー光線のようなものを発している宇宙船の姿などが確認できる。

作品情報

『サン・ラーのスペース・イズ・ザ・プレイス』

2021年1月29日(金)からアップリンク吉祥寺、新宿シネマカリテほかで順次公開
監督:ジョン・コニー 脚本:ジョシュア・スミス、サン・ラー 音楽:サン・ラー 出演: サン・ラー レイ・ジョンソン クリストファー・ブルックス バーバラ・デロニー エリカ・レダー ジョン・ベイリー クラレンス・ブ リュワー 上映時間:81分 配給:ビーズインターナショナル
  • HOME
  • Movie,Drama
  • サン・ラーのSF映画『サン・ラーのスペース・イズ・ザ・プレイス』場面写真

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて