マーベル・スタジオのオリジナルドラマ『ワンダヴィジョン』配信日決定

ドラマ『ワンダヴィジョン』が2021年1月15日からDisney+で日米同時配信される。

マーベル・スタジオ初のオリジナルドラマシリーズとなる同作は、映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』に登場するスカーレット・ウィッチことワンダ・マキシモフとヴィジョンの「その後」を描いたシチュエーションコメディー。結婚したワンダとヴィジョンは幸せな日々を送っていたが、次第にその裏に隠された「謎」がむき出しになっていき、徐々に「自分たちの目に見えている全てが真実ではないのでは」と疑い始めるというあらすじだ。ワンダ・マキシモフ役をエリザベス・オルセン、ヴィジョン役をポール・ベタニーが続投。監督を『ゲーム・オブ・スローンズ』『ファーゴ』のマット・シャックマン、脚本を『アナと雪の女王/家族の思い出』のジャック・シェイファーが務める。

発表とあわせて場面写真が公開。クラシックなスタイルを装い、笑みを浮かべるワンダとヴィジョンがモノクロで写し出されている。

番組情報

『ワンダヴィジョン』

2021年1月15日(金)からDisney+で配信
監督:マット・シャックマン 脚本:ジャック・シェイファー 出演: エリザベス・オルセン ポール・ベタニー
  • HOME
  • Movie/Drama
  • マーベル・スタジオのオリジナルドラマ『ワンダヴィジョン』配信日決定

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて