三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介

三浦春馬が五代友厚役で主演を務めた映画『天外者』が、12月11日から公開される。

12月11日から公開される同作は、幕末から明治初期にかけて近代日本経済の基礎を構築し、「稀代の天外者」「東の渋沢栄一、西の五代友厚」と評される五代友厚の生涯を描いたオリジナルストーリー。攘夷と開国の狭間で揺れる江戸末期の日本を舞台に、新しい時代の到来を敏感に察知した五代友厚が、遊女のはると出会って「自由な夢を見たい」という思いに駆られ、誰もが夢見ることのできる国をつくるため坂本龍馬、岩崎弥太郎、伊藤博文らと志を共にする姿を映し出す。五代友厚役に三浦春馬、坂本龍馬役に三浦翔平、遊女はる役に森川葵がキャスティング。監督を田中光敏が務めた。

「凄まじい才能の持ち主」を意味する「天外者」と呼ばれた五代友厚は、坂本龍馬、岩崎弥太郎、伊藤博文ら同年代の若者たちと学び、遊び、夢を語りあい、高杉晋作、勝海舟、大久保利通、西郷隆盛、大隈重信、トーマス・グラバーらとも交流。武士の身でありながら上海に渡って蒸気船を購入し、海外貿易による商業立国を説き、イギリスに留学生を送り出し、自らもヨーロッパを視察した。「誰もが夢を見ることが出来る国」を作るべく、世界中の知見を手に入れ、大久保利通らを支え殖産興業・富国強兵などに邁進。

明治政府が誕生すると政府役人となるが、大阪を「東洋のマンチェスター」に発展させるため実業家に転身。明治11年には大阪に商法会議所を作り、貨幣造幣局の設立、電信・鉄道・紡績・鉱山など多くの事業を手掛け、現在の大阪証券取引所、大阪商工会議所、大阪市立大学といった様々な組織、企業の設立に尽力した。同年明治11年に東京では渋沢栄一が東京商工会議所を創設し、「西の五代、東の渋沢」と呼ばれるようになったという。

今回の発表とあわせて場面写真が公開された。

作品情報

『天外者』

2020年12月11日(金)からTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開
監督:田中光敏 脚本:小松江里子 出演: 三浦春馬 三浦翔平 西川貴教 森永悠希 森川葵 蓮佛美沙子 生瀬勝久 ほか 上映時間:109分 配給:ギグリーボックス
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて