『K-BOOK フェスティバル』オンライン開催 『キム・ジヨン』など語る

オンラインイベント『K-BOOK フェスティバル 2020 in Japan』が11⽉28⽇12:00から2日間にわたって配信される。

様々な出版社が韓国の本をセレクトし、紹介、販売する『K-BOOK フェスティバル in Japan』。2回目となる今回は明⽯書店、亜紀書房、岩波書店、NR出版会、影書房、河出書房新社、キネマ旬報社、クオン、光⽂社、ころから、彩流社、三⼀書房、⼩学館、祥伝社、晶⽂社、書肆侃侃房、新泉社、駿河台出版社、ダイヤモンド社、筑摩書房、⽩⽔社、HANA、早川書房、マガジンハウス、リトルモア、ワニブックスの26社が参加する。

11⽉28⽇は古家正亨による『K-POPとK-BOOK』、名久井直⼦とチェ・ジヨンが出演する『ベストセラーを創る装幀⼒~2つの「キム・ジヨン」が⽣まれるまで~』をはじめ、『第12回K⽂学レビューコンクール授賞式』『出版社対抗イチオシ本プレゼン⼤会 vol.1』、『韓国の伝統芸能 パンソリ公演』『初級者のための韓国語模擬授業』『キム・スヒョン作家に聞く―「私は私のままで⽣きることにした…いけど」』がラインナップ。

11月29日は『韓国地域図書展便り』『出版社対抗イチオシ本プレゼン⼤会 vol.2』『ヨジョのトーク&ライブ』『韓国語の⾳読・朗読講座』、きむふな、斎藤真理子、井手俊作、古川綾子が出演する『「ハン・ガン作品を語る」翻訳者座談会』、『ハン・ガンさんに聞く』を配信する。一部プログラムは有料。

番組情報

『K-BOOK フェスティバル 2020 in Japan』

2020年11月28日(土)12:00〜22:00、11月29日(日)11:00〜19:00に配信
  • HOME
  • Book
  • 『K-BOOK フェスティバル』オンライン開催 『キム・ジヨン』など語る

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて