杉原邦生演出の舞台『オレステスとピュラデス』に鈴木仁、濱田龍臣、趣里ら

舞台『オレステスとピュラデス』が11月28日から神奈川・KAAT神奈川芸術劇場 ホールで上演される。

演出家・杉原邦生のギリシャ悲劇シリーズ最終章となる同公演では、トロイ戦争でのギリシャ軍総大将アガメムノンの息子オレステスが、太陽神アポロンの信託を受け、姉エレクトラと従兄弟で親友のピュラデスの力を借りて母親殺しを行なった後の「現存していない」物語を創造。オレステス役に鈴木仁、ピュラデス役に濱田龍臣がキャスティングされているほか、趣里、大鶴義丹がそれぞれ複数の役を演じ分ける。翻案創作は瀬戸山美咲、音楽はTaichi Kaneko、振付は北尾亘(Baobab)が担当。チケットは現在販売中だ。

杉原邦生のコメント

誰も観たことのない新しいギリシャ悲劇をつくりたい。2018年『オイディプス REXXX』、翌2019年『グリークス』と、二つのギリシャ悲劇を創作する中で、この想いが揺るぎないものになっていきました。その理由は何よりも、僕自身が日増しにギリシャ悲劇に深く魅せられていったからに他なりません。そして、ギリシャ悲劇がまさに〈演劇〉の原点であるという絶対的事実を、身を以て感じたからです。
今回の物語は、オレステスとピュラデスという二人の青年のロードムービーです。自らの手で母を殺したオレステスと、その殺しの手助けをしたピュラデス。彼らは幼い頃から共に育てられた従兄弟同士であり、親友であり、愛情という固い絆で結ばれています。そんな二人がアポロンの神託を受け、オレステスの罪を償うため、ギリシャはアルゴスから遠いタウリケを目指すその道中を描きます。彼らが旅のなかで、だれと出会い、なにを見て、どんな想いを巡らせていったのか。未だ見ぬ彼らの物語を、古代ギリシャ劇の構造や文脈を踏まえながら、瀬戸山美咲さんとともに〈新しいギリシャ悲劇〉として立ち上げていきたいと思っています。そして、演劇の原点に立ち戻り、そこからまた新たな演劇を生み出すというこの創作こそ、いま、演劇の《再生》を宣言するものになると確信しています。

イベント情報

『オレステスとピュラデス』

2020年11月28日(土)〜12月13日(日)全14公演 会場:神奈川県 KAAT神奈川芸術劇場 ホール
演出:杉原邦生 作:瀬戸山美咲 音楽:Taichi Kaneko 振付:北尾亘 出演: 鈴木仁 濱田龍臣 趣里 大鶴義丹 内田淳子 高山のえみ 中上サツキ 前原麻希 川飛舞花 大久保祥太郎 武居卓 猪俣三四郎 天宮良 外山誠二
  • HOME
  • Stage
  • 杉原邦生演出の舞台『オレステスとピュラデス』に鈴木仁、濱田龍臣、趣里ら

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて