ニュース

最果タヒ、1年ぶりの最新詩集『夜景座生まれ』本日発売

最果タヒの詩集『夜景座生まれ』が本日11月26日に刊行された。

『中原中也賞』『現代詩花椿賞』受賞を経て、第4詩集『夜空はいつでも最高密度の青色だ』が石井裕也監督によって映画化された最果タヒ。『夜景座生まれ』は最果タヒにとって第8詩集となる。

なお『最果タヒ展 われわれはこの距離を守るべく生まれた、夜のために在る6等星なのです。』が、12月4日から東京・渋谷PARCO、2021年2月13日から愛知・名古屋PARCO、3月5日から大阪・心斎橋PARCOで開催される。

最果タヒのコメント

自分の詩集を作り終えたときは、いつも不安です。誰にも読まれない気がするし、自分だけがこの言葉を抱えているような予感がします。それでいい、とも思っています。詩を書くときはいつも、自分の知らないところに言葉が宿ってほしいと思うし、言葉を書くことは自分を更新していくものだと思っているから。そうやって書くのが私にとっての詩なのだと思います。決して、限られたパイを食べて、まだ食べていないところを探すようなことではなく、何もないお皿に急に見たこともないパイを呼び出すような、そんなやり方を続けたい。これがなんなのかはわからないし、私の勝手な思い込みだとは思うのですが、でもそうやって貫いていると、言葉を書くことはとても新鮮で、人は生きる限り、読むし、書くのだろうと、信じられるのです。

新しい詩集が出ます。今はとても不安です。こうやって不安があるかぎり、私は詩を書くことが好きなのだと思います。よかったら、読んでみてください。

※記事掲載時から一部内容が変更になりました。

最果タヒ『夜景座生まれ』表紙
最果タヒ『夜景座生まれ』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 1

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  2. BTS“Film out”PV公開 back numberとコラボした『劇場版シグナル』主題歌 2

    BTS“Film out”PV公開 back numberとコラボした『劇場版シグナル』主題歌

  3. 大森元貴のソロデビューの意味。2人の視点から『French』を紐解く 3

    大森元貴のソロデビューの意味。2人の視点から『French』を紐解く

  4. 内田有紀、シシド・カフカらが東京の美術スポット巡る 『新美の巨人たち』 4

    内田有紀、シシド・カフカらが東京の美術スポット巡る 『新美の巨人たち』

  5. Perfume Closetファッショントラックの移動店舗がラフォーレ原宿から開始 5

    Perfume Closetファッショントラックの移動店舗がラフォーレ原宿から開始

  6. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 6

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  7. いとうせいこう、角舘健悟らが「私の大滝詠一プレイリスト」公開 7

    いとうせいこう、角舘健悟らが「私の大滝詠一プレイリスト」公開

  8. NiziUがNHK『SONGS』リニューアル初回に登場 特技披露&ファン動画企画も 8

    NiziUがNHK『SONGS』リニューアル初回に登場 特技披露&ファン動画企画も

  9. No Busesの「未完成」を楽しむバンド美学 作る喜びが救いだった 9

    No Busesの「未完成」を楽しむバンド美学 作る喜びが救いだった

  10. 内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側 10

    内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側