『パリのどこかで、あなたと』に大根仁、山崎まどか、宇垣美里らがコメント

セドリック・クラピッシュ監督の映画『パリのどこかで、あなたと』に寄せられた著名人コメントが公開された。

12月11日から公開される同作は、SNSでは埋められない孤独や、仕事に対する不安を抱える男女が、葛藤しながらも過去を受け入れ前進する姿を描いた作品。がんの免疫治療の研究者として働く傍ら、マッチングアプリで一夜限りの恋を繰り返す主人公メラニー役をアナ・ジラルド、悩みやストレスを抱えながらも前向きに生きようともがくレミー役をフランソワ・シヴィルが演じる。

今回コメントを寄せたのは、大根仁、宇垣美里、佐久間宣行、山崎まどか、伊藤さとり、佐藤久理子、東紗友美、SYO、パリュスあや子。

大根仁のコメント

フランス恋愛映画の新たな傑作でありながら、コロナ以降の世界においては、懐かしく儚く感じる。
私たちはもう、こんな映画を観ることも、作ることも出来ないのではないか。

宇垣美里のコメント

都会には人が溢れてるのに、どうしてこんなにも孤独で、不安で、寂しいんだろう。
SNSで人と簡単に繋がれても、本当の意味で通じ合える人はほんの一握り。
多くの共通点を持ち日々すれ違いながらもなかなか出会わない二人にやきもき。
でも、勇気を持って一歩踏み出せば思いがけなく幸運な出会いが待っている。
この街のどこかに、私にとってのその人が働いている、そう思うと少し心が温かくなった。

佐久間宣行(テレビ東京)制作局プロデューサーのコメント

とても良かったです。
パリに生きる、寂しさを抱えた2人の男女、それぞれの生活。
とても個人的で、大げさな話ではまったくないのに、なんでこんなに胸を打つのか。
現代を生きるということは、孤独と向き合うことにほかならない。
その、苦しくて逃げられない難しい命題を、この作品は、ユーモラスで、新しく、誰しも共感できる物語として見せてくれる。
これは素晴らしいロマンティック・コメディだと思います。しかも、その相手は、他ならぬ「自分自身」です。

山崎まどかのコメント

メランコリックでブルー、内省的な二人はなかなか出会えない。
でも人と人とを結びつけるのはインターネットでも、奇跡でもない。
二人が出会うまでの道筋には人生の喜びや悲しみ、成長がある。
クラピッシュらしいロマンスの祝福であり、人生讃歌でもある。

伊藤さとりのコメント

猫の温もりは絶大の癒し。心の温度が同じくらいの人が心地良いetc。
セドリック・クラピッシュ監督の恋愛セラピーは、次への恋に必ず進めるウィットに富んだユニークな心理学。
運命の赤い糸を手繰り寄せるのは自分の弱さをどれだけ知っているかなのかもしれない。

佐藤久理子のコメント

パリの片隅で生きる平凡な男女の、小さな物語が、こんなにも心を暖かいもので満たしてくれるとは。
人との繋がりがかつてないほど愛おしく感じられる、このコロナ禍の時代に、なおさら胸に響く映画だ。
自分を愛せない人、本当の自分を見せるのが怖い人、どこにいても孤独を感じてしまう人、そんなすべての“はぐれ者たち”を、優しく癒してくれる。

東紗友美のコメント

自分が自分でいるために。自信を取り戻すために。静かに寄り添ってくれるセラピーみたいな映画。
人は出会うべきタイミングで、その相手に出逢えるとー。一歩も進んでいないと思っていた人生は、静かに動いているとー。
未来が不透明で。ストレスに浸かった日常の中、2人の男女が糸電話みたいな親密さで伝えてくれるせいいっぱいの“大丈夫”。
不安も孤独も。今は、抱きしめていていいのかも。たとえば今が辛くても、訪れる未来を肯定してくれる人間賛歌。

SYOのコメント

パリで暮らす男女。同じ景色を眺め、同じ孤独を抱えている。ただ、まだ他人。
人は、人とつながることでしか満たされない。でも、誰でもいいわけじゃない。
だから苦しく、だから愛おしいのだ。
いつか出会い、運命が重なるまで。おひとりさまが、終わる日まで。
「人生は何だって起こる。生きていていいんだ」と、この映画が抱きしめてくれた。

パリュスあや子のコメント

クスクス笑えて、ほろりもキュンも詰まった大人のラブコメディに、優しい気持ちにさせてもらった。
満たされない心を抱え、隣り合うアパルトマンからサクレ・クール寺院を眺めているまだ他人でしかない隣人たち。
探しものは意外と近くにあるかもよ、とそっと背中を押したくなり、気付けば自分が励まされているようだった。

作品情報

『パリのどこかで、あなたと』

2020年12月11日(金)からYEBISU GARDEN CINEMA、新宿シネマカリテほか全国で順次公開
監督:セドリック・クラピッシュ 脚本:セドリック・クラピッシュ、サンティアゴ・アミゴレーナ 出演: アナ・ジラルド フランソワ・シヴィル ほか 上映時間:111分 配給:シネメディア
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『パリのどこかで、あなたと』に大根仁、山崎まどか、宇垣美里らがコメント

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて