ニュース

LINE MUSIC年間ランキング発表 Official髭男dismが2年連続1位

LINE MUSIC「年間ランキング2020」
LINE MUSIC「年間ランキング2020」

LINE MUSICの「年間ランキング2020」が発表された。

7000万曲以上の楽曲を聴くことができるLINE MUSIC。「年間ランキング2020」は総合ランキング、アーティストランキング、BGMランキング、LINE着うたランキング、ミュージックビデオランキング、カラオケランキング、プレイリストランキングの7つのカテゴリで、2020年に最も人気だった楽曲とアーティストをランキング形式で発表するもの。集計期間は2020年1月1日から11月10日まで。

「年間ランキング2020」1位は、TBS系火曜ドラマ『恋はつづくよどこまでも』の主題歌に起用されたOfficial髭男dismの“I LOVE...”。LINE MUSICではドラマ放送中の1月から3月の月間ランキングで3か月連続1位に輝いた。Official髭男dismは2019年1位の“Pretender”に続き、2年連続で1位を獲得。
2位にYOASOBIのデビュー曲“夜に駆ける”、3位にYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」で公開された動画がきっかけとなって配信されたDISH//の“猫 ~THE FIRST TAKE ver.~”、4位にNiziUの“Make you happy”、5位に瑛人の“香水”がランクインした。
YOASOBIの“夜に駆ける”はBGMランキング、LINE着うたランキング、カラオケランキングで1位を記録。

ミュージックビデオランキング1位はBTSの“Dynamite”。3位には“Dynamite”の別バージョンで、NGシーンやカメラ角度を変えて撮影したシーンが収められている「B-side」、4位には“Stay Gold”がランクインした。BTSはアーティストランキングでも2位を獲得。

プレイリストランキングの1位は、DJ、ディレクター、音楽ライターとして活動するDJ YANATAKEによる「2019 BEST 日本語ラップ 100」。2位にはTikTokがセレクトし、毎週更新する「TikTok 人気曲10」、4位と5位にもTikTok関連プレイリストがランクインしている。3位は音楽メディア「BARKS」による漫画『ハイキュー!!』シリーズプレイリストが獲得した。

Ayase(YOASOBI)のコメント

3部門で1位!本当に嬉しいです!LINE MUSICの様々な機能を通して僕らを知ってくれた人が沢山いることは僕らも実感しています。その積み重ねで頂いたこの光栄な結果を励みに来年以降も精進して参ります!

ikura(YOASOBI)のコメント

三冠を頂いたということで本当にありがとうございます!身の回りの人とシェアしたくなるような楽曲になったのかなと思うととても嬉しいです。来年も周りの人に教えたくなるようなワクワクを届けていきたいと思います!

DJ YANATAKEのコメント

年間ランキング1位に選ばれるなんて光栄です!このプレイリストがここまで注目されるのは… つまり”JAPANESE HIPHOP”が本当に盛り上がっている証拠。世界を席巻しているHIPHOPブームが日本にもキテます!2020年はさらに面白いことになってるんで、今年のプレイリストも絶対チェックでお願いします!

LINE MUSIC「年間ランキング2020」
LINE MUSIC「年間ランキング2020」
LINE MUSIC「年間ランキング2020」
LINE MUSIC「年間ランキング2020」
LINE MUSIC「年間ランキング2020」
LINE MUSIC「年間ランキング2020」
LINE MUSIC「年間ランキング2020」
LINE MUSIC「年間ランキング2020」
LINE MUSIC「年間ランキング2020」
LINE MUSIC「年間ランキング2020」
画像を拡大する(10枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 寺山修司に憧れる父さん / 美術のトラちゃん 1

    寺山修司に憧れる父さん / 美術のトラちゃん

  2. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 2

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  3. 声優ユニット・イヤホンズが6年目の挑戦と原点回帰を語る 3

    声優ユニット・イヤホンズが6年目の挑戦と原点回帰を語る

  4. テクノポップが解放したもの 幻想の音に生きるコシミハルの半生 4

    テクノポップが解放したもの 幻想の音に生きるコシミハルの半生

  5. 記録映画『素晴らしき、きのこの世界』に窪塚洋介、豊田エリーらがコメント 5

    記録映画『素晴らしき、きのこの世界』に窪塚洋介、豊田エリーらがコメント

  6. 丹地陽子、約20年の画業の軌跡を辿る初画集『丹地陽子作品集』10月刊行 6

    丹地陽子、約20年の画業の軌跡を辿る初画集『丹地陽子作品集』10月刊行

  7. 小松菜奈が表紙の『装苑』11月号 森川葵、塩塚モエカ、伊藤万理華らも登場 7

    小松菜奈が表紙の『装苑』11月号 森川葵、塩塚モエカ、伊藤万理華らも登場

  8. 韻シストが認めてもらうまでの戦いとは?20年の軌跡を全員で語る 8

    韻シストが認めてもらうまでの戦いとは?20年の軌跡を全員で語る

  9. 『セックス・エデュケーション』S2、優しさに貫かれた学園コメディー 9

    『セックス・エデュケーション』S2、優しさに貫かれた学園コメディー

  10. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 10

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』