三谷幸喜作・演出 中井貴一、香取慎吾らが歌い踊る『日本の歴史』来年再演

舞台『日本の歴史』が2021年7月上旬から東京・初台の新国立劇場、7月下旬に大阪・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティで再演される。

2018年に初演された『日本の歴史』は、作・演出を手掛ける三谷幸喜が作曲家・荻野清子と共に創り上げたオリジナルミュージカル。「卑弥呼の時代から太平洋戦争までの約1700年にわたる日本の歴史を凝縮」し、60人以上におよぶ歴史上の人物や市井の人々を、7人の俳優陣が演じ、歌い、踊るという構成になっている。

初演メンバーの中井貴一、香取慎吾、新納慎也、シルビア・グラブ、宮澤エマ、秋元才加に加え、今回新たに段田安則が出演。詳細は後日発表される。

イベント情報

『日本の歴史』

作・演出:三谷幸喜 音楽:荻野清子 出演: 中井貴一 香取慎吾 新納慎也 段田安則 シルビア・グラブ 宮澤エマ 秋元才加 東京公演 2021年7月上旬〜中旬 会場:東京都 初台 新国立劇場 中劇場 大阪公演 2021年7月下旬 会場:大阪府 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ
  • HOME
  • Stage
  • 三谷幸喜作・演出 中井貴一、香取慎吾らが歌い踊る『日本の歴史』来年再演

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて