WHITE CINE QUINTO1周年企画で『ラスト・クリスマス』『キャロル』上映

上映イベント『WHITE CINE QUINTO オープン1周年企画・クリスマス特集上映』が12月19日から東京・渋谷のWHITE CINE QUINTOで開催される。

渋谷PARCO建て替えのため2016年から一時休館後、2019年11月の渋谷PARCO復活と共に誕生したWHITE CINE QUINTO。同イベントは『relax復刊記念上映』に引き続き、オープン1周年企画第2弾として行なわれる。

12月19日から24日まではWham!の“Last Christmas”をモチーフに製作された『ラスト・クリスマス』、12月25日から30日まではパトリシア・ハイスミスの小説をもとにしたラブロマンス『キャロル』を期間限定で上映。詳細はWHITE CINE QUINTOのオフィシャルサイトで確認しよう。

作品情報

『ラスト・クリスマス』

2020年12月19日(土)~12月24日(木)にWHITE CINE QUINTOで上映
監督:ポール・フェイグ 脚本:エマ・トンプソン、ブライオニー・キミングス 原案:エマ・トンプソン&グレッグ・ワイズ 出演: エミリア・クラーク ヘンリー・ゴールディング ミシェル・ヨー エマ・トンプソン 上映時間:103分 料金:1,200円
作品情報

『キャロル』

2020年12月25日(金)~12月30日(水)にWHITE CINE QUINTOで上映
監督:トッド・ヘインズ 原作:パトリシア・ハイスミス 出演: ケイト・ブランシェット ルーニー・マーラ サラ・ポールソンア ジェイク・レイシー カイル・チャンドラー ジョン・マガロ コリー・マイケル・スミス ケビン・クローリー 上映時間:118分 料金:1,200円
  • HOME
  • Movie,Drama
  • WHITE CINE QUINTO1周年企画で『ラスト・クリスマス』『キャロル』上映

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて