ジブリの魅力に迫るNHK特番に神木隆之介、鈴木敏夫、宮崎吾朗、宮崎駿ら

特別番組『いつも“となり”にいるアニメ~最新作「アーヤと魔女」と歴代作品で見せるジブリの全て~』が、12月29日にNHK総合で放送される。

12月30日にNHK総合で放送されるスタジオジブリ最新作『アーヤと魔女』。同番組では、新作の放送を前に歴代作品の名シーン、街角や制作に携わってきた人々の作品に対する思い出を紹介しながらジブリアニメの魅力に迫る。

出演者は、朝倉あき、神木隆之介、鈴木敏夫(スタジオジブリ)、寺島しのぶ、倍賞千恵子、平澤宏々路、宮崎吾朗、宮崎駿。

宮崎駿が企画を手掛け、宮崎吾朗が監督を務めた『アーヤと魔女』は、スタジオジブリにとって初の全編3DCG作品。1990年代のイギリスを舞台に、自分が魔女の娘とは知らずに育った少女アーヤが、ある日、奇妙な家に引き取られ、そこで意地悪な魔女と暮らすことになったことから始まる物語を描く。アーヤ役を平澤宏々路、魔女ベラ・ヤーガ役を寺島しのぶ、ベラ・ヤーガと暮らすマンドレーク役を豊川悦司、トーマス役を濱田岳が演じる。

番組情報

『いつも“となり”にいるアニメ~最新作「アーヤと魔女」と歴代作品で見せるジブリの全て~』

2020年12月29日(火)18:05〜18:48にNHK総合で放送
出演: 朝倉あき 神木隆之介 鈴木敏夫(スタジオジブリ) 寺島しのぶ 倍賞千恵子 平澤宏々路 宮崎吾朗 宮崎駿
番組情報

『アーヤと魔女』

2020年12月30日(水)19:30~20:52にNHK総合で放送
監督:宮崎吾朗 原作:ダイアナ・ウィン・ジョーンズ、田中薫子訳『アーヤと魔女』(徳間書店) 脚本:丹羽圭子、郡司絵美 キャラクター・舞台設定原案:佐竹美保 音楽:武部聡志 アフレコ演出:木村絵理子 キャラクターデザイン:近藤勝也 CGスーパーバイザー:中村幸憲 アニメーションディレクター:タン セリ 声の出演: 寺島しのぶ 豊川悦司 濱田岳 平澤宏々路
  • HOME
  • Movie,Drama
  • ジブリの魅力に迫るNHK特番に神木隆之介、鈴木敏夫、宮崎吾朗、宮崎駿ら

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて