門脇麦と水原希子の異なる世界観を堪能 映画『あのこは貴族』場面写真

映画『あのこは貴族』の場面写真が公開された。

『ここは退屈迎えに来て』『アズミ・ハルコは行方不明』などの山内マリコの同名小説を原作とする『あのこは貴族』は、初のオリジナル長編『グッド・ストライプス』で『新藤兼人賞』金賞を受賞した岨手由貴子監督の長編2作目。都会に生まれ、婚活に余念がない箱入り娘の華子と、地方から上京して自力で都会を生き抜く美紀の人生が交錯したとき、それぞれに思いもよらない世界が拓けていくというあらすじだ。華子役に門脇麦、美紀役に水原希子がキャスティング。2月26日から公開される。

場面写真には、華子が7段の雛人形を飾るシーンや刺繍を楽しむ様子、着物に身を包む姿に加えて、美紀がジャージ姿でベッドに横たわる様、リクルートスーツに身を包んで大学の入学式に向かう場面などが切り取られている。

監督を務めた岨手由貴子は、脚本の段階から「華子ができるのは門脇麦しかいない」とイメージを固めていたそうで、門脇自身も「岨手監督の前作を観てからずっとご一緒したかったので期待に応えたい」と役に挑んだとのこと。また脚本を読んだ水原は「美紀のキャラクターはほとんど私自身。年齢的にも今の自分にぴったりだと思う」と語ったという。

作品情報

『あのこは貴族』

2021年2月26日(金)から全国公開
監督・脚本:岨手由貴子 原作:山内マリコ『あのこは貴族』(集英社文庫) 出演: 門脇麦 水原希子 高良健吾 石橋静河 山下リオ ほか 配給:東京テアトル、バンダイナムコアーツ
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 門脇麦と水原希子の異なる世界観を堪能 映画『あのこは貴族』場面写真

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて