今泉力哉『街の上で』新公開日決定 燃え殻、マヒト、曽我部恵一もコメント

今泉力哉監督の映画『街の上で』の新たな公開日が4⽉9⽇に決定。著名人コメントが到着した。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で公開延期となっていた同作は、「自主映画への出演」を依頼された主人公・荒川青が出演を決めるまでの様子や、出演後の「何か変わったのかわからない」数日間、その過程で出会う女性たちの姿を描いた作品。今泉力哉監督と大橋裕之が共同で脚本を手掛けた。荒川青役に若葉竜也がキャスティング。撮影は東京・下北沢で行なわれた。

コメントを寄せたのは、佐久間宣⾏、燃え殻、深川麻衣、北原里英、マヒトゥ・ザ・ピーポー(GEZAN)、牛丸ありさ(yonige)、Rachel(chelmico)、曽我部恵一(サニーデイ・サービス)、末次由紀、小原治、矢田部吉彦、奥浜レイラ、門間雄介、カツセマサヒコ、能町みね子、城定秀夫、 今泉かおり。

さらに、製作陣の「2021年に向けて、2020年を少しでも前向きな気持ちで締め括れたら」という思いから、12月31日に東京・立川シネマシティで特別先行上映することを発表。チケットの販売情報やスケジュールなどの詳細は『街の上で』のオフィシャルサイト、公式SNSで告知される。

佐久間宣行のコメント

とても笑えて、とても愛らしい。
下北沢で今すぐ飲みたくなっちゃうし、そこに生きてる人の呼吸が聞こえる。
関わってるものすべてを好きになっちゃう、魔法みたいな映画。

燃え殻のコメント

いつも通りの街で、いつも通りの会話と行き交う人々。
あの日に似た風が吹いていて、暑くもなくて寒くもなかった。
この映画の中の日常が、今はとっても愛おしくて懐かしい。

深川麻衣のコメント

下北沢の街を歩いていたら、ふらっと古着屋に入ったら、いつかどこかで彼ら、彼女らに会えるんじゃないかと思える。
全然知らない人達なのに前から知っていた気がする。
懐かしくて、恥ずかしくて、不器用で、何でもないときにふと思い出したら、くすっと笑えちゃうのに泣きたくなる。
日常のあたたかさに包まれました。

北原里英のコメント

今泉監督は本当に『好き』の天才です。好きってこういうことだったなあっていうのを思い出させてくれます。映画の中で繰り広げられるリアルな会話は、まるで下北での日常を覗き込んでるかのようにリアル。そして若葉さんの真っ直ぐさに、思わず映画館である人物と同じ顔をしてしまいました。これが『好き』か!と。
下北で恋したいんですけど、誰かいませんか?

マヒトゥ・ザ・ピーポー(GEZAN)のコメント

駅前には缶ビールが転がり、さよならと手を振った後、吸わないのに服からタバコの匂いがした。今日もあの街の上で人間が人間をしてる。キレイになんて生きてたまるかと思ってる。

牛丸ありさ(yonige)のコメント

わたしたちの日常は思っているより何もなくて、思っているより笑える。
今度下北沢に行くときはきっと彼らの姿を探してしまうだろう。わたしの知らないどこかに、実在しているはずだ。

Rachel(chelmico)のコメント

例えば80年代には80年代の、90年代には90年代の、その時にはその時の、その場所にはその場所の、気配のようなものがあって。匂いとか温度とか言葉とか。そういうものを真空状態にしてそのまま密封したものが歴史になっていって、私や誰かの記憶になると思う。「街の上で」はそんな映画だと思いました。いつか今を思い返す日に、この映画があることで忘れないでいれるんだなって。初めて見るのにどうしてこんなに懐かしいんだろう。2010年代後半…というか、もう2020年代か。私は下北沢に確かにいて、荒川青と何度もすれ違っていた。ような気がする。街の上で。

曽我部恵一(サニーデイ・サービス)のコメント

ドキドキしてるうちに日が暮れるぼくらの人生。恋も愛もぎこちないけど、それだからこそ美しい。

末次由紀のコメント

登場人物は全員立場も性格も違うのに、全部自分のことのようだ。うまくできないことを示され続け、それでも「そんな君のそこがいい」と付箋でぺたぺた貼られるような物語。めんどくさい彼らが、友達としてそばに居続けてしまう物語。

小原治のコメント

自分の記憶とは別の回路から、この映画の中に流れている気持ちを思い出すことができる。きっと誰もが、別の誰かの一部でできている。僕もいつか死んで、別の誰かの一部になっていく。どこかの街ですれ違うそんな瞬間に向けて、今を生きようと思った。

矢田部吉彦のコメント

軽やかでキュートな作品なのに、脚本の絶妙さと、俳優の最良を引き出す演出力から、比類の無い個性を感じさせるのが今泉作品だ。佇むだけで哀感と困惑と興奮を演じ分ける若葉竜也が今泉台詞を発する時、そこには恋を巡るあらゆる感情が渦巻いて見えるよう。なんて幸せな恋の渦巻き!

奥浜レイラのコメント

街に魅了された人々が、街と呼応しながら文化をつくる。カルチャーが人をつないでいく。下北沢で出会った人、もう会えなくなった人たちの顔が浮かんで、エンドロールに名前がなかったけれどあの子もきっとこの映画の中にいると思えた。こんなに愛おしい作品に出会ってしまったら、ますます下北沢を離れられないじゃないか!

門間雄介のコメント

彼らは出会い、別れ、また出会う。この街の上で。
それだけかもしれないけど、そのすべてがここにはあるような気がする。
ただそれだけなのに、それ以上のことなどないんじゃないかと思ってしまう。

カツセマサヒコのコメント

人生で一番恥ずかしかった経験をエンドロールに忍び込ませたくなる。
僕の物語だったし、同じようにどこかの街の上で暮らす、誰かの物語でした。

能町みね子のコメント

懐かしがったり、自分の思い出と照らし合わせたりしてたら、時間の概念なんて「いちばんどうでもいい」って言われてしまった。今泉監督の映画は自然のなかに急に不穏を混ぜてくる。

城定秀夫のコメント

城定イハという冗談のような名前の小悪魔ちゃんに主人公と共にふりまわされ、質の高い笑いと摩訶不思議な多幸感に圧倒され続ける130分を過ごしたのち「残りの人生、恋愛映画は今泉監督のだけ観ればいいや……」なんて、割と本気で思ってしまいました。

今泉かおりのコメント

夫の映画がひさしぶりに面白かったから嬉しかった。

作品情報

『街の上で』

2021年4月9日(金)から新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で順次公開
監督:今泉力哉 脚本:今泉力哉、大橋裕之 音楽:入江陽 主題歌:ラッキーオールドサン“街の人” 出演: 若葉竜也 穂志もえか 古川琴音 萩原みのり 中田青渚 村上由規乃 遠藤雄斗 上のしおり カレン 柴崎佳佑 マヒトゥ・ザ・ピーポー(GEZAN) 左近洋一郎(ルノアール兄弟) 小竹原晋 廣瀬祐樹 芹澤興人 春原愛良 未羽 前原瑞樹 タカハシシンノスケ 倉悠貴 岡田和也 中尾有伽 五頭岳夫 渡辺紘文 成田凌 上映時間:130分 配給:『街の上で』フィルムパートナーズ
  • HOME
  • Movie/Drama
  • 今泉力哉『街の上で』新公開日決定 燃え殻、マヒト、曽我部恵一もコメント

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて