明石家さんま×西加奈子×STUDIO4℃『漁港の肉子ちゃん』に花江夏樹

明石家さんまプロデュースの劇場アニメ映画『漁港の肉子ちゃん』の主要ボイスキャストを花江夏樹が務めることが発表された。

2021年初夏に全国公開される『漁港の肉子ちゃん』は、漁港の船に住む肉子ちゃんとキクコの2人きりの母娘の軌跡と成長を描いた西加奈子の同名小説をアニメ化するもの。監督は『ドラえもん のび太の恐竜2006』『海獣の子供』の渡辺歩、キャラクターデザイン、総作画監督は『かぐや姫の物語』『海獣の子供』の作画監督・小西賢一が務め、脚本はドラマ『凪のお暇』などの大島里美、アニメーション制作は『鉄コン筋クリート』『海獣の子供』『映画 えんとつ町のプペル』などのSTUDIO4℃が手掛ける。明石家さんまが劇場公開されるアニメ映画をプロデュースするのは今回が初。

花江夏樹の出演は、本日1月2日放送のフジテレビ『新春大売り出し!さんまのまんま』番組中に発表。アニメ『鬼滅の刃』で共演する花江夏樹と下野紘がゲスト出演した同番組では、『漁港の肉子ちゃん』への出演を花江が快諾してくれたことについて、明石家さんまが感謝の気持ちを伝える様子や、作品について語る場面が映し出される。下野紘もオーディションがあれば受けたいという展開も。

花江夏樹は物語を支える重要な少年役の声を演じるとのこと。肉子ちゃん役、キクコ役のボイスキャストは後日発表される。

作品情報

『漁港の肉子ちゃん』

2021年初夏全国公開
監督:渡辺歩 脚本:大島里美 原作:西加奈子『漁港の肉子ちゃん』(幻冬舎文庫) キャラクターデザイン・総作画監督:小西賢一 アニメーション制作:STUDIO4℃ 配給:アスミック・エース
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 明石家さんま×西加奈子×STUDIO4℃『漁港の肉子ちゃん』に花江夏樹

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて