諫山創『進撃の巨人』が4月に完結、11年半の歴史に幕 最終巻は6月刊行

諫山創の漫画『進撃の巨人』の最終話が4月9日刊行の『別冊少年マガジン5月号』に掲載される。

2009年から『別冊少年マガジン』で連載中の同作は、壁に囲まれた世界で暮らし、自由な世界に憧れる少年エレン・イェーガーが、壁外の巨人たちとの戦いに挑む姿を描いたダークファンタジー。単行本発行部数は累計1億部を突破した。2015年には実写映画が公開され、現在NHKでテレビアニメ『進撃の巨人』The Final Seasonが放送中だ。

最新刊となる33巻は1月8日に、最終巻となる34巻は6月9日に刊行予定。1月9日刊行の『別冊少年マガジン』2月号は『進撃の巨人』が表紙を飾り、33巻の続きが2話分掲載されるほか、オリジナル缶バッジが付属する。

諫山創のコメント

あと3年で終わると8年前から言ってましたが、ようやく終えることができそうです。
大変長くなってしまいましたが、最後までお付き合いいただけましたら幸いです。
決して編集部に引き伸ばされたわけでもなく、むしろ「いつ終わるのか」と急かされ続けての晩年でした。すいません、ようやく終わります。
今まで読んできてよかったと思っていただけるように、最終回に向けて頑張ります。

  • HOME
  • Book
  • 諫山創『進撃の巨人』が4月に完結、11年半の歴史に幕 最終巻は6月刊行

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて