ニュース

「表現に関わる人々を対象としたハラスメント実態調査」実施中

表現に関わる人々を対象としたハラスメント実態調査アンケートフォーム
表現に関わる人々を対象としたハラスメント実態調査アンケートフォーム

「表現に関わる人々を対象としたハラスメント実態調査」の1回目が1月17日まで行なわれている。

「表現の現場調査団」による「表現に関わる人々を対象としたハラスメント実態調査」は、表現活動の分野で過去10年以内に起きたハラスメントの実態を調査し、改善に活用するためのもの。近年、#MeToo運動などにより美術や映画、演劇といった表現の現場からもハラスメントの告発が相次いでいるが、声をあげることで活動の場を失うなどの恐れから、沈黙を強いられる状況は依然として存在していることを受けて実施される。

実態調査は、今後5年間継続して年に1度実施。調査による「実態の把握」、分析による「問題の可視化」、知識の共有による「再発防止・環境改善」を通じて誰もが安心して携われる表現の現場を目指すという。調査結果は専門家による分析の後、レポートとして公開される。

表現の現場調査団メンバーは、岡田裕子、笠原恵実子、木村奈緒、キュンチョメ、田村かのこ、寺田衣里、maya masuda、宮川知宙、森山晴香。

キュンチョメのコメント

表現の内容より容姿のことを言われる。
男らしさや女らしさを求められる。
チャンスのために、暴言や暴力に耐える。
そんな現状を、仕方がないと諦めてしまいたくありません。

表現は時代とともに更新され、新しいものを生み出し続けてきました。ならば表現の現場も時代とともに更新される必要があるはずです。

このアンケートは表現の現場を変えていくための第一歩となります。そのために、どうか声を届けてください。

《表現の現場調査団》メンバー キュンチョメ

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察