北川景子、平手友梨奈に呪われる女性役で出演『さんかく窓の外側は夜』

映画『さんかく窓の外側は夜』に北川景子が出演していることがわかった。

ヤマシタトモコの同名漫画を映画化する『さんかく窓の外側は夜』は、幼い頃から幽霊が見える特異体質に悩む書店員・三角康介と除霊師・冷川理人がバディーを組んで事件に挑むミステリー作品。2人が刑事の半澤から持ち掛けられた連続殺人事件の真相を探るなかで「ヒウラエリカに…だまされた…」という言葉に辿り着くというあらすじだ。冷川役に岡田将生、三角役に志尊淳、非浦英莉可役に平手友梨奈がキャスティング。1月22日から公開される。

北川が演じるのは、街中を歩いているところをヒウラエリカに呼び止められ、呪いをかけられる弁護士・慶子役。映画『響-HIBIKI-』で共演して以来、現在も交流があるという北川と平手は撮影日に再共演を喜び合い、和気藹々と楽しそうに話す一幕もあったとのこと。

今回の発表とあわせてメイキング映像と写真が公開。メイキング映像では、1シーンのみの出演である北川が先にクランクアップを迎える姿や、平手が北川に笑顔で抱きつく様子などが捉えられている。

作品情報

『さんかく窓の外側は夜』

2021年1月22日(金)から全国公開
監督:森ガキ侑大 脚本:相沢友子 原作:ヤマシタトモコ『さんかく窓の外側は夜』(リブレ) 主題歌:ずっと真夜中でいいのに。“暗く黒く” 出演: 岡田将生 志尊淳 平手友梨奈 滝藤賢一 マキタスポーツ 新納慎也 桜井ユキ 和久井映見 筒井道隆 配給:松竹
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 北川景子、平手友梨奈に呪われる女性役で出演『さんかく窓の外側は夜』

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて