スピルバーグらが称賛 ローランド・クリック監督『デッドロック』5月公開

ドイツ映画『デッドロック』が5月から東京・新宿のK's cinemaほか全国で順次公開される。

イスラエル・ネゲヴ砂漠で撮影され、1970年に製作された同作に登場するのは、傷ついた若い男、荒れ果てた家に住む中年男と狂女、口のきけない少女、黒づくめの殺し屋。「アメリカ」を舞台に墓場に埋められたはずの100万ドルを奪い合う男たちの闘いを描くクライムアクションだ。原題は『DEADLOCK』。

出演者は『暁のガンマン』『スペシャリスト』のマリオ・アドルフ、『ダイヤルMを廻せ!』『007は殺しの番号』のアンソニー・ドーソン、『聖なるパン助に注意』のマルクヴァルト・ボーム、『あやつり糸の世界』のマーシャ・ラベンら。音楽をCANが担当。ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー、ヴェルナー・ヘルツォーク、ヴィム・ヴェンダース、フォルカー・シュレンドルフらと同世代のローランド・クリックが監督を務めた。

同作は1970年の『カンヌ国際映画祭』からコンペティション出品オファーを受けるが、ドイツ国内の監督や批評家から、当時勃興していたニュージャーマンシネマを貶めるものだと出品を反対され、特別上映というかたちで上映された。ドイツ国内での興行は成功し、『ドイツ映画賞』長編作品賞に選出。クリック監督をハリウッドに招待したスティーブン・スピルバーグをはじめ、アレハンドロ・ホドロフスキー、クエンティン・タランティーノらが称賛したという。

今回の発表とあわせて場面写真とメインビジュアルが公開。メインビジュアルにはホドロフスキーの「ファンタスティックで、ビザールで、ギラついている。」というコメントが添えられている。

作品情報

『デッドロック』

2021年5月からK's cinemaほか全国で順次公開
監督:ローランド・クリック 音楽:CAN 出演: マリオ・アドルフ アンソニー・ドーソン マルクヴァルト・ボーム マーシャ・ラベン 上映時間:85分 配給:オンリー・ハーツ、アダンソニア
  • HOME
  • Movie,Drama
  • スピルバーグらが称賛 ローランド・クリック監督『デッドロック』5月公開

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて