ヨルシカが新作EP『創作』を語る Apple Music『J-Pop Now Radio』

Apple Musicのラジオ番組『J-Pop Now Radio』のエピソード12が公開。ヨルシカのn-buna(Gt)とsuis(Vo)がゲスト出演している。

本日1月27日に新作EP『創作』をリリースしたヨルシカ。DJの落合健太郎は、収録曲“強盗と花束”に関する話の中でsuisの表現力を「女優のようだ」と評した。suisは「女優って言うと、本当におこがましいような響きになっちゃうんですけど、でも、その役に入り込んで、役の気持ちになって歌うっていう意味では、演じるっていうのは凄く近いものが多分ある」「自分が正義の天秤に自分の中でかけられる瞬間の後悔だったりとか、逆に後悔してないことだったりとか、そういう部分の葛藤を1曲歌っている中で、ずっと想像しながらレコーディングをしていたので、歌を撮った後に熱出したりとかあったくらい罪の意識があった」と制作過程の逸話を語った。

公園にある1本の木を桜に見立てて書いたという収録曲“春泥棒”について、n-bunaは「去年か一昨年の春ぐらいに立川の昭和記念公園っていう場所があって、凄い大きな原っぱがあって、原っぱの中心に1本だけ大きな欅がポツンと立ってるんですね。散歩がてら座って本を広場の端っこから読みながらその木を見ていたときに、桜だったら綺麗だろうなと思って、そこから桜というものも何かに見立てて、月並みな表現だけど、桜の花を命に見立てたり、その花を散らせていく風っていうのがつまり時間、花を散らしていく、つまり寿命を散らしていく『春泥棒』と言えるんじゃないかと、そういう連想の仕方ですね」と曲に込めたストーリーを丹下。

また、「音楽の聴き方が大きく変わってきている昨今、これから先、どう音楽と触れあっていくと思うか」という質問に対する回答などを述べている。

Apple Musicのヨルシカ『創作』のページではインタビューを公開中。

  • HOME
  • Music
  • ヨルシカが新作EP『創作』を語る Apple Music『J-Pop Now Radio』

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて