乃木坂46の新曲“僕は僕を好きになる”アニメ版PV公開、監督は大童澄瞳

乃木坂46の新曲“僕は僕を好きになる”のアニメ版PVが公開された。

同曲は、1月27日にリリースされた乃木坂46のニューシングル『僕は僕を好きになる』のタイトル曲。乃木坂46の齋藤飛鳥、梅澤美波、山下美月が主演した映画『映像研には手を出すな!』の原作者・大童澄瞳が監督を務めたPVでは、エアバイク部に所属する主人公の少女が自分への葛藤を持ちながらも、学校生活や部活動を行なう模様が描かれている。

PVの制作は大童澄瞳とスタッフがストーリー性あるPVの話で盛り上がっているうちに「ならばアニメ版でそれを実現してしまおう!」と実現したとのこと。大童澄瞳はストーリー、絵コンテ、原画を担当。アニメーションは映画『映像研には手を出すな!』の中でアニメを制作したmonofilmoが手掛けた。立ち上がりは12月に入ってからということもあり、制作期間は実質1か月弱だったという。

大童澄瞳のコメント

最近の乃木坂46のMVは、物語性のある物が少ないとスタッフの方にお聞きました。そんな中で新曲『僕は僕を好きになる』を使って、ストーリーのあるMVを新たに作ってみたいという話しが盛り上がり、僕がストーリーなどを引き受ける事になりました。歌詞を読んだ時、自分自身の境遇と重ね合わせて「これは私の話ではないな」と思いました。歌詞から伝わってくる「どこかで悩んでいる誰か」はいったいどんな人なんだろうと思いを巡らせ、部活を舞台に、怪我をきっかけにストイックで周りを置いて行きがちになってしまった主人が、仲間から差し伸べられた手によって、純粋に楽しかった日々を取り戻すというシチュエーションにたどり着きました。
苦労したのは納期です。時間がとにかくなかったので、映像編集ソフトを使って音楽の上に絵を貼り付けて作る「Vコン」を制作しました。曲に対して直感的に絵を組んで行けるし、チーム内でイメージも共有しやすいので良かったと思います。幸い僕は映画部出身で現役YouTuberでもあるので、映像編集自体は「お手の物」でした。

関連リンク

  • HOME
  • Music
  • 乃木坂46の新曲“僕は僕を好きになる”アニメ版PV公開、監督は大童澄瞳

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて