松戸の新スペース「mcg21xoxo」で鈴木操、高橋銑、原田裕規の企画展開催

企画展『damp plosive roam』が2月6日から千葉・松戸のmcg21xoxoで開催される。

昨年12月にオープンしたmcg21xoxoは、同スペースディレクターのTaka Konoによる空間ディレクションを通して「未来において残骸と化したホワイトキューブ」を仮想し、従来のギャラリーの在り方を見直すことを目的とするアートスペース。

同展では、鈴木操、高橋銑、原田裕規の3人が生物と無生物、自然と人間、意味と無意味といった対関係を曖昧にするオブジェクトを配置し、空間を構成。展覧会のタイトルである「damp(湿った)、plosive(破裂音)、roam(ぶらつく)」は、それぞれの単語が組みあわさり意味を構成しているのではなく、生理的、心理的な感覚を喚起させる単語をバラバラに羅列したものだという。

イベント情報

『damp plosive roam』

2021年2月6日(土)〜2月27日(土) 会場:千葉県 松戸 mcg21xoxo
時間:金〜日曜13:00〜19:00 参加作家: 鈴木操 高橋銑 原田裕規 ※月〜木曜は希望日の1週間前までに要予約

関連リンク

  • HOME
  • Art,Design
  • 松戸の新スペース「mcg21xoxo」で鈴木操、高橋銑、原田裕規の企画展開催

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて