西森路代とハン・トンヒョンが韓国映画・ドラマの魅力語る対談&評論集刊行

西森路代とハン・トンヒョンによる書籍『韓国映画・ドラマ――わたしたちのおしゃべりの記録 2014~2020』が3月1日に刊行される。

同書は、映画『パラサイト 半地下の家族』『はちどり』や、ドラマ『愛の不時着』など韓国映画・ドラマの魅力について、2014年から語りあってきた西森路代とハン・トンヒョンの、ウェブ媒体や雑誌でのテキストに新録分を追加した対談、評論集。韓国文学やそこから派生したフェミニズム議論などについての話題も掲載される。

登場作品は『パラサイト 半地下の家族』『はちどり』『82年生まれ、キム・ジヨン』『タクシー運転手 約束は海を越えて』『ベテラン』『愛の不時着』『梨泰院クラス』『サイコだけど大丈夫』『椿の花咲く頃』『私のおじさん~マイ・ディア・ミスター』『保健教師アン・ウニョン』『秘密の森』シリーズなど。

装丁は佐々木俊が手掛け、帯コメントは小泉今日子、斎藤真理子が担当した。

小泉今日子のコメント

西森さんとハンさんのおしゃべりに頷いたり、唸ったり、溜息をついたり。
なにかを突きつけられた気もして焦ったりもした。おしゃべりって大事なことだな

斎藤真理子のコメント

政治的に優しく、賢く、頼もしい韓流レッスン。映画・ドラマを語ったら、日本のいままで/これからがこんなに見えてきた。
共感だけにとどまらない、「面白さ」の語り方。

町山広美のコメント

仲がいいわけでもない、対決しない、「俺がスゴい」も競わない。
そんな7年間のおしゃべりは、何度も戻る、急がない。
更新される「韓国の映画とドラマ」について話すうち、更新される2人。
そのおしゃべりに加わりたくなる。
誰かとじっくり話すのは、自分と話すことなんだ。

書籍情報

『韓国映画・ドラマ――わたしたちのおしゃべりの記録 2014~2020』

2021年3月1日(月) 著者:西森路代、ハン・トンヒョン 価格:1,700円(税抜) 発行:駒草出版
  • HOME
  • Book
  • 西森路代とハン・トンヒョンが韓国映画・ドラマの魅力語る対談&評論集刊行

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて