『Reborn-Art Festival 2021-22』開催決定 テーマは「利他と流動性」

『Reborn-Art Festival 2021-22』の開催概要が発表された。

『Reborn-Art Festival』は2018年に初開催されたReborn-Art Festiva実行委員会と一般社団法人APバンクの共催による「アート」「音楽」「食」のイベント。第3回となる今回は8月11日から9月26日、2022年4月23日から6月5日と会期を2回に分けて開催される。理由としては、新型コロナウイルスの感染状況に対して柔軟な対応をすることと、これまでの夏の開催のみでは知ることの出来ない「牡鹿半島の新緑が芽吹く春の美しい風景を体感してもらいたい」という想いがあることを挙げている。

『Reborn-Art Festival 2021-22』では、東日本大震災から10年という節目に、これまでと同様に地域の内側からの復興と新たな循環を生み出すという目的の集大成を目指す。テーマには、利己ではなく周りを思いやる心「利他」と流動性の中で新しい日常や本質を形作っていく想像力や関係性に改めて向き合うという意味を込めて「利他と流動性」を掲げている。今夏の会期には国内外のアーティストが約25組参加予定。小林武史が総合プロデューサーを担当し、2021年については、インディペンデントキュレーターの窪田研二、アートコーディネーターの坂口千秋が共に企画チームを構成する。

2月13日には、『交信 -声なき声を聴くためのレッスン』の第1回『石巻―それから』の生配信を実施。『Reborn-Art Festival 2019』に参加した吉増剛造と青葉市子を招き、2部構成での配信が行なわれた。配信の模様はReborn-Art ONLINEの公式YouTubeチャンネルにアーカイブされている。今後の配信スケジュールなどの詳細は『Reborn-Art Festival』のホームページで確認しよう。

イベント情報

『Reborn-Art Festival 2021-22』

2021年8月11日(水)〜9月26日(日)、2022年4月23日(土)〜6月5日(日) 会場:2021年は宮城県 石巻市中心市街地、牡鹿半島、2022年は石巻地域
  • HOME
  • Art,Design
  • 『Reborn-Art Festival 2021-22』開催決定 テーマは「利他と流動性」

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて