Mouse on Marsの新アルバム『AAI』リリース AIを作曲ツールに使用

Mouse on Marsのニューアルバム『AAI』日本盤が本日2月26日にリリースされた。

約3年ぶりの新作となる『AAI』にはドド・ンキシがドラム、パーカッションで復帰。タイトルは「Anarchic Artificial Intelligence」の略で、AIを作曲ツールとして使用しており、ルイス・シュデ=ソケイ(ボストン大学)の言葉や声をフィーチャーしている。Mouse on MarsはBirds on Mars、ラニー・ケド、デレク・ティングルと共同で、スピーチをモデリングできる特注のソフトウェアを制作。ルイス・シュデ=ソケイやヤムア・ウツコンカヤのテキストや声を入力してシンセサイザーのようにコントロールし、演奏できるようにしたとのこと。アートワークをケイシー・リース、マスタリングをZino Mikorey(Zino Mikorey Mastering)が担当している。リリースはThrill Jockeyから。

日本盤には1月に先行配信された“The Latent Space”“Artificial Authentic”や、ボーナストラック“How Will They Talk”を含む全21曲を収録。ルイス・シュデ=ソケイよるテキストの対訳が掲載されている。対訳はmmmが担当。アルバムのライナーノーツは小野島大と八木皓平が手掛けた。

リリース情報

Mouse on Mars 『AAI』日本盤(CD)

2021年2月26日(金)発売 価格:2,100円(税抜) THRILL-JP 53 / HEADZ 250
1. Engineering Systems 2. The Latent Space 3. Speech And Ambulation 4. Thousand To One 5. Walking And Talking 6. Youmachine 7. Doublekeyrock 8. Machine Rights 9. Go Tick 10. The Fear Of Machines 11. Artificial Authentic 12. Machine Perspective 13. Cut That Fishernet 14. Tools Use Tools 15. Loose Tools 16. Seven Months 17. Paymig 18. Borrow Signs 19. New Definitions 20. New Life Always Announces Itself Through Sound 21. How Will They Talk
  • HOME
  • Music
  • Mouse on Marsの新アルバム『AAI』リリース AIを作曲ツールに使用

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて