大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念企画の第3弾は江口寿史

大滝詠一のアルバム『A LONG VACATION』発売40周年記念コラボレーションポスター企画第3弾が発表された。

大滝詠一が1981年3月21日に発表したアルバム『A LONG VACATION』。発売40周年を記念して3月21日には『A LONG VACATION 40th Anniversary Edition』がリリースされる。通称『ロンバケ』と呼称される『A LONG VACATION』は、2020年までに累計200万枚以上のセールスを記録。永井博が手掛けたジャケットでも知られる。

コラボレーションポスター企画では、大滝詠一や『A LONG VACATION』とゆかりのある4人のイラストレーター、漫画家が同作のジャケットをモチーフにしたポスターを作成。第1弾を本秀康、第2弾を久米田康治が手掛けた。

第3弾は、長年にわたって大滝作品のファンだったという江口寿史。コラボレーションポスターは全国CDショップ店頭や大滝のオフィシャルサイト、SONY MUSIC公式SNSアカウントなどで紹介され、3月には最後の作品が公開される。

江口寿史のコメント

25歳になろうとしていた1981年の春に出た『A LONG VACATION』。
買ったその日から、本当に毎日毎日ぼくはこのレコードを聴いていました。人生であんなにターンテーブルに乗せたレコードはないかも。毎週毎週〆切りに追われながらギャグ漫画ををひねり出す日々のオアシスでした。

南の島の白くて細い道を歩いて行くと目の前にサンゴ礁の海が広がる、あの時間と空気の流れを、今回のトリビュートイラストでは、閉じ込めたいと思いました。その恋にも似たときめきはまさに『A LONG VACATION』の持つ空気感そのものだからです。

絵の大部分があらかた出来上がって、最後に残ったのが彼女が手にもつレコードでした。この絵の全制作時間の半分か、もしかするとそれ以上は実は、レコードジャケットそのものにかかりました(笑)。一見スキャンして貼り付けただけに見えるかもしれませんが、パソコン内でいちから描いたものです。絵の全体で見ると小さいですが、そこはパソコンですのでいくらでも拡大できます。模写してみると永井博さんの絵は非常に論理的で明解な手法で描かれているのがわかります。永井さんが描く手順通りに描いていくのは楽しかったですが、手にして以来何度も眺めたこの絵を、40年経って模写しているのが不思議な気もしました。

  • HOME
  • Music
  • 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念企画の第3弾は江口寿史

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて