BUMP OF CHICKENの新曲が清原果耶主演のNHK朝ドラ『おかえりモネ』主題歌に

BUMP OF CHICKENの新曲“なないろ”が、2021年度前期のNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』主題歌に起用されることがわかった。

5月17日からNHK総合、NHK BSプレミアム、NHK BS4Kで放送される同作は、「海の町」宮城・気仙沼で生まれ育ち、「森の町」登米で青春を送る永浦百音が、気象予報という仕事を通じて人々に幸せな「未来」を届けてゆく姿を描く作品。『透明なゆりかご』『サギデカ』『きのう何食べた?』などの安達奈緒子が脚本を手掛けたオリジナル作品となる。家族と離れて登米に行ったことがきっかけで、気象予報の仕事に目覚める永浦百音役に清原果耶がキャスティング。

今回の発表とあわせて劇伴奏音楽を高木正勝が担当することも発表された。

BUMP OF CHICKENのコメント

この度はNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」の主題歌を担当させて頂く事になりまして、大変光栄に思います。
昨年の夏頃、楽曲の制作に取り掛かる前に、ドラマの制作スタッフの皆様の作品づくりにかける思いを聞かせて頂く機会があり、その熱量に一同強く心を打たれ、共感しました。
このドラマを視聴者の皆様の朝にお届けする時に僕らの楽曲「なないろ」が少しでもそのお役に立てたらと思います。放送を楽しみにしています。

吉永証(NHK)のコメント

撮影の準備で忙しくしていたある日、BUMP OF CHICKENさんから主題歌のデモが送られてきました。心地よくて優しい歌声、スキップしたくなるような軽快なリズム、心にじんわり沁みる歌詞。繰り返し、繰り返し聞きたくなる魂(ココロ)のこもった曲で、とても感激しました。そして何よりも曲の世界観がドラマで描こうとしていることを、いみじくも表現していてびっくり、改めてBUMP OF CHICKENさんの音楽の凄さを実感しました。いただいた主題歌の力をお借りして、毎朝「おかえりモネ」を見て、たくさんの人が元気に幸せになってもらえたらと、心より願っております。

  • HOME
  • Music
  • BUMP OF CHICKENの新曲が清原果耶主演のNHK朝ドラ『おかえりモネ』主題歌に

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて