アニメ『極主夫道』主題歌は打首獄門同好会 追加声優に伊藤静、興津和幸

Netflixオリジナルアニメシリーズ『極主夫道』の続報が発表された。

4月8日から配信されることが決まった同作は、おおのこうすけがウェブサイト「くらげバンチ」で連載中の『極主夫道』をもとにした作品。かつては最凶の暴力団員だったが結婚して足を洗い、専業主夫になった「不死身の龍」の日常を描く。主人公の龍役に津田健次郎がキャスティング。監督を今千秋が務め、アニメーション制作をJ.C.STAFFが担当。

新たに龍の妻・美久役で伊藤静、龍の元舎弟・雅役で興津和幸の出演が発表。伊藤静は「美久は料理は壊滅的かつ破壊的ですが、タッちゃんのことを可愛いと言っちゃう懐の深さがたまりません」、興津和幸は「雅は龍の兄貴を心から尊敬してますっ! 兄貴はめっちゃすごいです!!どれくらいすごいかというとめっちゃすごいです! 絶対見て欲しいです!オスッ!!!」と語っている。

主題歌には打首獄門同好会が同作のために書き下ろしたオープニング曲“シュフノミチ”、エンディング曲“極・夫婦街道”が起用される。

さらに予告編、キーアート、場面写真が一挙公開。予告編の演出について今千秋監督は「プロデューサーから『漫画のようなアニメを作れ!』『絶対に動かさないこと!』という条件がベースにありまして、それがまた大変で大変で……。普通に作画で動かした方が楽だわ!というシーンもあり、普段はしなくてもいい苦労が沢山あって…決して楽な作品では無かったです。笑」、おおのこうすけは「最初お話しを伺った時は少し驚きました。実際出来あがったものを拝見しますと、作品の怒涛に過ぎていくテンポ感にとてもマッチした手法だなと感じました。限られた素材で色んな見せ方、演出が盛り込まれていて、ギャグのスピード感を損なっていないなと感じました。また、声優さんの演技も直に伝わってきて楽しめるかなと思います」と語っている。

予告編では龍の「ネトフリさん、ほんまアコギな商売してまんな」という本編にはないセリフを聞くことができる。

作品情報

『極主夫道』

2021年4月8日(木)からNetflixで配信
監督:今千秋 シリーズ構成:山川進 原作:おおのこうすけ アニメーション制作:J.C.STAFF オープニング曲:打首獄門同好会“シュフノミチ” エンディング曲:打首獄門同好会“極・夫婦街道” 声の出演: 津田健次郎 伊藤静 興津和幸
  • HOME
  • Movie,Drama
  • アニメ『極主夫道』主題歌は打首獄門同好会 追加声優に伊藤静、興津和幸

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて