『シン・エヴァンゲリオン劇場版』興行収入33億円&動員219万人突破

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の累計興行収入と観客動員数が発表された。

1995年にテレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』が放送され、2020年10月4日に25周年を迎えた『エヴァンゲリオン』シリーズ。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』最新作にして完結編となる『シン・エヴァンゲリオン劇場版』は、新型コロナウイルス感染拡大の影響による2度の延期を経て、3月8日から公開されている。

3月13日と14日の2日間の興行収入は11億7744万5400円、観客動員数は76万人を記録。公開初日からの7日間で累計興行収入33億3842万2400円、累計観客動員数219万4533人を記録しており、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の公開から7日間との興行収入対比は145.1%、観客動員対比は133.6%になるという。

発表とあわせて、「第3村」のシーンを織り交ぜた映像テレビスポットBが公開。

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』興行収入33億円&動員219万人突破

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて