上西雄大監督・脚本・主演 映画『西成ゴローの四億円』2021年公開

映画『西成ゴローの四億円』が2021年に公開される。

前後編からなる同作の主人公は、日本政府諜報機関ヒューミント元工作員のゴローこと土師悟朗。記憶を失ったことを利用されて殺人罪で服役し、出所後は大阪・西成で日雇い労働者として暮らしていたゴローが、あるきっかけにより記憶の一部を取り戻して再び闇の道を歩き出し、娘の心臓移植手術費用4億円を稼ごうとする姿を描くオリジナルストーリーだ。

主人公の土師悟朗役に同作の監督、脚本、プロデューサーを務める上西雄大がキャスティング。ゴローの元妻で、風俗嬢をしながら娘の延命治療費を稼ぐ片桐真理子役を山崎真実、ゴローの元同僚の日向誠也役を津田寛治、フィクサーの莫炉脩吉役を奥田瑛二、後編のキーマンとなる韓国巨大マフィアの会長役を石橋蓮司が演じるほか、徳竹未夏、古川藍、笹野高史、木下ほうか、波岡一喜、加藤雅也、松原智恵子がキャストに名を連ねる。製作総指揮は奥山和由。前編は間もなく完成し、後編の撮影は西成を中心にスタートするとのこと。

上西雄大監督のコメント

子供の頃、ばぁちゃんがよく映画館に連れて行ってくれた。
スクリーンに観る世界に憧れたスター達。
暴れる父親も泣き叫ぶ母親の声も消えて、心が踊った。
その映画は今も心に焼き付く。
それは奥山プロデューサー作品ばかりであった。その方と共に映画を作れる、しかもスクリーンに立つのは俺自身。
貧乏くじの様な俺のこれまでの人生がまさにこの神様がくれた出会いで一変しました。
俺は心から『西成ゴロー』となります。

奥山和由プロデューサーのコメント

映画界には『竜二』という伝説がある。
その映画の金子正次が上西さんに重なって見えてしまうのだ。拭いさってもどうしても。
スクリーンの中で演じることへの執着、面白い映画を作ろうとする執念。
誰にも止められないそのエネルギーの眩しさは久しぶりだ。
逆光のなかを走り抜けて欲しい。出来る限りの声援を送りながら、彼の夢の達成への完走を見届けたい。

作品情報

『西成ゴローの四億円』

2021年全国公開
監督・脚本:上西雄大 出演: 上西雄大 津田寛治 山崎真実 徳竹未夏 古川藍 笹野高史 木下ほうか 波岡一喜 奥田瑛二 友情出演: 加藤雅也 松原智恵子 特別出演: 石橋蓮司 配給:シネメディア チームオクヤマ
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 上西雄大監督・脚本・主演 映画『西成ゴローの四億円』2021年公開

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて