山口真人による対話型VRアートショー『TRNASREALITY』が3日間にわたり開催

対話型VRアートショー『TRANSREALITYSHOW 0.2: FOR THE PLACE FUZZY AND NEW』が、3月26日から開催される。

「TRNASREALITY」とはアーティストの山口真人が生み出した批評言語で、デジタル化される社会において、人々の認識、価値観、アイデンティティが変化していることを示す。「アートをデジタルワールドで体験し、価値を生み出すことは可能か」という命題と共に、オーディエンスとアーティストが同じ1つのVR空間に存在し、対話し、インタラクティブな関係を結ぶことができる環境を整備。スマートフォンやパソコンのブラウザから「WWW.TRANSREALITY.IO」にアクセスすれば、参加可能となる。

参加アーティストは、ヒロ杉山、山口真人、ナカミツキ、岸祐真、テレポ - ダイヤルほか。

同イベントは「TRNASREALITY」を解釈可能な状態に落とし込み、第3者がこのムーブメントに参加可能な環境を作ることを目的に素案されたが、コロナ禍においてデジタルシフトを迫られた社会の新たな体験価値、出会い、行動を生み出すことを模索するための実験でもあるとのこと。

イベント情報

『TRANSREALITYSHOW 0.2: FOR THE PLACE FUZZY AND NEW』

2021年3月26日(金)〜3月28日(日)
  • HOME
  • Art,Design
  • 山口真人による対話型VRアートショー『TRNASREALITY』が3日間にわたり開催

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて