松山ケンイチがリング上でダウン 映画『BLUE/ブルー』新場面写真到着

映画『BLUE/ブルー』の新たな場面写真が到着した。

4月9日から公開される同作は、ボクシングの挑戦者を象徴する「ブルーコーナー」で戦い続ける者たちの生き様を描く作品。誰よりも努力し、情熱を注ぐも負け続きの先輩ボクサー瓜田信人、抜群の才能とセンスを持ち、チャンピオン目前の後輩ボクサー小川一樹、意中の相手のために始めたボクシングにのめり込んでいく新人ボクサー楢崎剛、瓜田の初恋の相手で現在は小川の婚約者・天野千佳の織り成す物語が映し出される。瓜田信人役を松山ケンイチ、小川一樹役を東出昌大、崎剛役を柄本時生、天野千佳役を木村文乃が演じる。『ヒメアノ~ル』『愛しのアイリーン』などの吉田恵輔が監督、脚本、殺陣指導を務めた。

場面写真には、瓜田が試合中に対戦相手のパンチを受け、リング上に倒れこむ瞬間が写し出されている。

初めてボクサー役に挑戦した松山は、努力しても負け続きのトレーナー兼選手である瓜田について「瓜田は自分の培ってきたもの全てを他人に何の躊躇もなく差し出すことができる人です。負け続けているからこそ得られるものもあるし、勝ち負けだけで人生の幸不幸って決まらないと思います。負けっぱなしの瓜田を見て感じること、気づくことがあるはずです」とコメント。

また、役柄と向きあうにあたって「小川(東出)や楢崎(柄本)たちを受け止めて、何かを渡していくのが瓜田という人物。劇中で瓜田が小川や楢崎をサポートしているのと同じで、東出くんや時生くんを支えればいいんだと思いました。だから、2人とはできるだけ長い時間を過ごして、ちゃんとミットで受け止められるようにと現場では意識していました」と語っている。

作品情報

『BLUE/ブルー』

2021年4月9日(金)から新宿バルト9ほか全国で公開
監督・脚本:吉田恵輔 主題歌:竹原ピストル“きーぷ、うぉーきんぐ!!” 出演: 松山ケンイチ 木村文乃 柄本時生 東出昌大 上映時間:107分 配給:ファントム・フィルム
  • HOME
  • Movie/Drama
  • 松山ケンイチがリング上でダウン 映画『BLUE/ブルー』新場面写真到着

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて