ニュース

『砕け散るところを見せてあげる』に堀江由衣、花澤香菜、峯田和伸ら賛辞

映画『砕け散るところを見せてあげる』に寄せた著名人コメントが到着した。

4月9日から公開される同作は、『とらドラ!』『ゴールデンタイム!』で知られる竹宮ゆゆこの小説『砕け散るところを見せてあげる』をもとにした作品。正義感の強い高校3年生の濱田清澄は、学年一の嫌われ者である1年生の蔵本玻璃をいじめから救い出すことを試み、次第に心の距離を縮めていくが、やがて危険が迫り始めるというあらすじだ。濱田清澄役に中川大志、誰にも言えない秘密を抱える蔵本玻璃役に石井杏奈がキャスティング。『うさぎドロップ』『沈黙 サイレンス』などのSABUがメガホンを取った。

コメントを寄せたのは、堀江由衣、間島淳司、釘宮理恵、花澤香菜、峯田和伸(銀杏BOYZ)、菅波栄純(THE BACK HORN)、はっとり(マカロニえんぴつ)。

堀江由衣のコメント

竹宮先生の作品が大好きでよく読ませていただいています。清澄くんや玻璃ちゃんはこの時こんな表情だったんだ…とかこんな街に住んでいるだ~と小説を思い出しながら、映画も観させて頂きました。清澄くんの「相手のために伝えなきゃいけないって時もあるんだよ」というセリフが何かとても印象に残っています。ほんの少しですが予告の音声でこの作品に関わらせていただけて嬉しかったです。

釘宮理恵のコメント

怒涛のごとき竹宮ゆゆこ先生ワールド!鋭すぎるナイフでめちゃくちゃに切りつけられながら、大きくて温かい愛にくるまれるような気持ちになりました。見る人それぞれの心に響くであろう名言だらけです!ぜひ!!

間島淳司のコメント

最初に思ったのは「何が」砕け散るの?ということ。タイトルから内容を想像することが難しいな…と思いつつあえてなにも情報を持たずに見たのですが、相変わらず重めのテーマというか…他者が描かない“人間の汚いところ”を描くのが上手い方だなーと思いました。
そして台詞回しに現れる竹宮先生感…。別の作品なのに見ていてすごく既視感があったというか。箇所箇所にすごく“エモい”セリフやシーンがあるので、自分の好きなシーンが人によって違いそう。最終的には見た人ごとに違う解釈が出来そうな、非常に考えさせられる終わり方をするのでぜひ見た人同士で「どう解釈した!?」と話し合って欲しくなる内容でしたね。あと個人的にヒーロー作品が好きなので、作中でヒーローの在り方みたいなお話が出てくるのが良かったです。
やっぱりヒーローって物理じゃない、心の強さなんだよなぁ…と改めて思わされました。

花澤香菜のコメント

大好きな竹宮ゆゆこ先生の作品が初めて実写化されるということでとても楽しみにしていました。心に痛みを伴いながらも必死に生きている玻璃ちゃんと、眩しいほどの正義感と優しさ溢れる清澄くん。この2人の愛の行方を応援せずにはいられないと思います!(お汁粉も食べたくなります!)ぜひ劇場でご覧ください!!!

峯田和伸(銀杏BOYZ)のコメント

2020年のランナウェイ・ホーム。時をかける少年。シャッターの閉まった夜の商店街に僕がずっと観たかった映画のぜんぶがありました。

菅波栄純(THE BACK HORN)のコメント

清澄が境界線を越えて手を伸ばす。特別な力は持っていない。それでも大切な人にとってのヒーローになれることを彼が証明してくれる。俺も清澄のような、真っ直ぐで優しい男でありたい。そして玻璃!こんなヒロインは観たことがなかった。石井杏奈さんの演技、最高!

はっとり(マカロニえんぴつ)のコメント

ヒーローが差し伸べた手は水面を藻掻く悲鳴を救い出していたのではなく、水中で諦めた孤独を掬い上げていたのだとラストで痛く思い知る。

『砕け散るところを見せてあげる』ポスタービジュアル ©2020 映画「砕け散るところを見せてあげる」製作委員会
『砕け散るところを見せてあげる』ポスタービジュアル ©2020 映画「砕け散るところを見せてあげる」製作委員会
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 2003年生まれのLAUSBUBが語る 人生を変えたテクノとの出会い 1

    2003年生まれのLAUSBUBが語る 人生を変えたテクノとの出会い

  2. アニメと共振するテン年代のUSラッパーたち。響き合う作品世界 2

    アニメと共振するテン年代のUSラッパーたち。響き合う作品世界

  3. B'zが松本隆トリビュートアルバムで“セクシャルバイオレットNo.1”カバー 3

    B'zが松本隆トリビュートアルバムで“セクシャルバイオレットNo.1”カバー

  4. 窪塚洋介×太田信吾 肛門へ射し込む希望の光。健康と生活を考える 4

    窪塚洋介×太田信吾 肛門へ射し込む希望の光。健康と生活を考える

  5. Adoが歌唱出演 タマホーム新CM「ハッピーソング Ado篇」放送開始 5

    Adoが歌唱出演 タマホーム新CM「ハッピーソング Ado篇」放送開始

  6. 中川政七商店と隈研吾がコラボ 『Kuma to Shika』全10アイテム限定販売 6

    中川政七商店と隈研吾がコラボ 『Kuma to Shika』全10アイテム限定販売

  7. レイ・ハラカミ没後10年 プラネタリウム作品『暗やみの色』を再上映 7

    レイ・ハラカミ没後10年 プラネタリウム作品『暗やみの色』を再上映

  8. YOASOBI×ユニクロ「UT」のコラボTシャツが7月販売 無料配信ライブも 8

    YOASOBI×ユニクロ「UT」のコラボTシャツが7月販売 無料配信ライブも

  9. ヒップホップ・南米音楽との融合『NOMAD メガロボクス2』 9

    ヒップホップ・南米音楽との融合『NOMAD メガロボクス2』

  10. 黒人ゲイ男性として生きる人々描く記録映画『タンズ アンタイド』無料配信 10

    黒人ゲイ男性として生きる人々描く記録映画『タンズ アンタイド』無料配信