木村拓哉と段田安則が部下・上司役、マクドナルド新CM「木村氏、先輩と」篇

マクドナルドの新テレビCM「スパチキセット『木村氏、先輩と』篇」が本日3月23日から全国放映されている。

昨年に続いて木村拓哉を起用し、マクドナルドのバリューを再発見する喜びの瞬間を伝える「マック、みっっけ。」をテーマとしたキャンペーンやテレビCMを発信しているマクドナルド。

同CMには、ハイヤーの後部座席に座るスーツ姿の木村拓哉と段田安則演じる常務の「あれでよかったんですか?」「じゃあ、どうしろって言うんだよ。あそこはうちが謝るしかないだろ」「問題を先送りにしてるだけじゃないですか」「木村、そういう正義はな、むしろ無責任なんだよ」というやり取りや、マクドナルドのドライブスルーで「スパチキ」のセットを注文する場面、常務が「木村、見て! ポテト長い!」とはしゃぐシーンなどが映し出されている。

撮影スタジオに入った段田と木村は、「お久しぶりです」と笑顔で挨拶し、簡単な打ち合わせを終えて撮影用のワゴン車に乗車。部下役の木村が膝に乗せていた小道具のカバンに目を向けると、「カバンは膝に載せない方が常務らしいですね」と自身の常務役としての役作りのアイデアを提案したという。

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 木村拓哉と段田安則が部下・上司役、マクドナルド新CM「木村氏、先輩と」篇

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて