君島大空の新曲“光暈(halo)”配信リリース&PV公開

君島大空の新曲“光暈(halo)”が本日3月26日に配信リリース。PVが公開された。

昨年12月に行なわれたライブ『層に伝送』でも披露された“光暈(halo)”。読みは「はろう」。今回配信されたのは、ギター弾き語りバージョンとなる。PVの監督は松永つぐみ。

君島大空のコメント

この歌は、海に行ったときにすうっとメロディーが出てきました。きっとずっと体から出たがっていたのだと思います。色々な人の顔を思い浮かべながら歌詞を書きました。去年、約10年ぶりに再会した絵描きの友人にジャケットをお願いしました。この曲が着くべきところに着けばよいなとそれだけの偶然を願います。

君島大空

関連リンク

  • HOME
  • Music
  • 君島大空の新曲“光暈(halo)”配信リリース&PV公開

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて