Floating Points×ファラオ・サンダースの共作AL『Promises』本日リリース

Floating Pointsとファラオ・サンダースの共作アルバム『Promises』が本日3月26日にリリースされた。

自ら立ち上げたEglo Records、PlutoやNinja Tune、Planet Muといったレーベルから作品を発表しているプロデューサーのFloating Pointsことサム・シェパードと、スピリチュアル・ジャズを代表するサックス奏者ファラオ・サンダース。デヴィッド・バーン(Talking Heads)が主宰するLuaka Bopからリリースされた『Promises』には、ロンドン交響楽団による演奏に、Floating Pointsによる電子音と、ファラオ・サンダースによるサックスの音色が交錯する全9曲が収録される。

アートワークは2020年に米タイム誌「世界で最も影響力のある100人」に選出されたエチオピア出身の現代アーティストであるジュリー・メレツが担当。4月7日にはアナログ盤がリリースされる。

リリース情報

FLOATING POINTS, PHAROAH SANDERS & THE LONDON SYMPHONY ORCHESTRA
『Promises』(CD)

2021年3月26日(金)発売 価格:2,640円(税込) PCD-94026
1. Movement 1 2. Movement 2 3. Movement 3 4. Movement 4 5. Movement 5 6. Movement 6 7. Movement 7 8. Movement 8 9. Movement 9
  • HOME
  • Music
  • Floating Points×ファラオ・サンダースの共作AL『Promises』本日リリース

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて