デヴィッド・バーン

Total 15 Posts

1952年5月14日、スコットランドのダンバートン生まれ。子供の頃にカナダに移住し、その後アメリカ・メリーランド州に引っ越す。ロード・アイランド・スクール・オブ・デザイン等で学び、やがて大学の仲間とTalking Headsを結成、1977年にアルバムデビュー。1980年の革新的なアルバム『Remain in Light』が大きな反響を呼ぶ。1984年にはライブ映画『ストップ・メイキング・センス』(ジョナサン・デミ監督)を発表。バーン自身も1986年に監督デビュー。バンドは1991年に解散した。バーン自身はブライアン・イーノと組んだ『My Life in the Bush of Ghosts』(1981)でソロ活動を開始。2012年にはSt. Vincentとのコラボ作『Love This Giant』も発表。14年ぶりのソロアルバム『American Utopia』(2018)は『グラミー賞』候補となる。映画音楽、写真、イラスト、エッセイも手がけるマルチな才人。

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて