異彩放つNY女性マルチ奏者St. Vincent、約2年半ぶりのソロアルバム

St. Vincentのニューアルバム『St. Vincent』の国内盤が、2月26日にリリースされる。

St. Vincentことアニー・クラークは、アメリカ・ニューヨークのブルックリンを拠点に活動するシンガーソングライター。ボーカル、ギター、ベース、ピアノ、センセサイザー、プログラミングなどを1人でこなし、ソロ活動以外にもデヴィッド・バーンとのコラボレーション、スフィアン・スティーヴンスのツアーバンドやグレン・ブランカのギターオーケストラへの参加など、多彩な活動をしている。

彼女にとって約2年半ぶりのソロアルバムとなる同作は、ジョン・コングルトンがプロデュースを担当。パーカッションにはマッケンジー・スミス(Midlake)とホーマー・スタインワイス(Sharon Jones And The Dap-Kings)を迎えている。なお、収録曲“Digital Witness”の試聴音源がYouTubeで公開されているほか、iTunes Storeで同楽曲と“Birth In Reverse”の先行配信がスタートしている。

リリース情報

St. Vincent
『St. Vincent』国内盤(CD)

2014年2月26日(水)発売
価格:2,490円(税込)
Loma Vista / Hostess / HSU-10001

1. Rattlesnake
2. Birth In Reverse
3. Prince Johnny
4. Huey Newton
5. Digital Witness
6. I Prefer Your Love
7. Regret
8. Bring Me Your Loves
9. Psychopath
10. Every Tear Disappears
11. Severed Crossed Fingers
12. Del Rio(ボーナストラック)
※歌詞対訳、ライナーノーツ付き

amazonで購入する

(画像上:St. Vincent、画像下:St. Vincent『St. Vincent』ジャケット)

  • HOME
  • Music
  • 異彩放つNY女性マルチ奏者St. Vincent、約2年半ぶりのソロアルバム

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて