70年~80年代ロンドンの音楽家写したトシ矢嶋の写真集 小山田圭吾と対談も

トシ矢嶋の写真集『LONDON RHAPSODY』が本日7月9日に刊行された。

写真家のトシ矢嶋は、加藤和彦の後押しで1975年に渡英し、2000年代初頭までロンドンに滞在。パンク、ニューウェイブ、スカ、レゲエ、プログレ、ハードロックなど様々なジャンルのミュージシャンをフィルムに収めてきた。

トシ矢嶋の初写真集となる『LONDON RHAPSODY』では、主に1970年代中期から1980年代初頭にかけて撮影された100点を超える作品を、当時のロンドンの風景や、撮影時のエピソードと共に一挙紹介。コラム、小山田圭吾との対談も収録される。表紙にはThe Style Council時代のポール・ウェラーの写真が用いられている。

登場ミュージシャンは、ポール・マッカートニー、ミック・ジャガー、キース・リチャーズ、ロン・ウッド、Queen、ボブ・マーリー、エリック・クラプトン、エルヴィス・コステロ、デヴィッド・ボウイ、Sex Pistols、The Clash、The Jam、ポール・ウェラー、The Police、U2、The Specials、Madness、ロリー・ギャラガー、ブライアン・フェリー、ブライアン・セッツァー、モリッシー、トレイシー・ソーン、シャーデー、ボーイ・ジョージ、デヴィッド・バーン、Japan、リッチー・ブラックモア、Black Sabbath、Iggy Pop、ロバート・フリップ、スティーヴ・ハケット、加藤和彦、YMOら。

細野晴臣は「こんなに素晴らしい写真集がなぜ今まで出なかった?70年代から80年代のロンドンがいかに濃密で面白かったか。その貴重な、しかも美しい写真で綴られる記録。現在の音楽界に失われた躍動がここにある」との推薦文を寄せている。

書籍情報
  • HOME
  • Book
  • 70年~80年代ロンドンの音楽家写したトシ矢嶋の写真集 小山田圭吾と対談も

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて