ニュース

70年~80年代ロンドンの音楽家写したトシ矢嶋の写真集 小山田圭吾と対談も

トシ矢嶋の写真集『LONDON RHAPSODY』が本日7月9日に刊行された。

写真家のトシ矢嶋は、加藤和彦の後押しで1975年に渡英し、2000年代初頭までロンドンに滞在。パンク、ニューウェイブ、スカ、レゲエ、プログレ、ハードロックなど様々なジャンルのミュージシャンをフィルムに収めてきた。

トシ矢嶋の初写真集となる『LONDON RHAPSODY』では、主に1970年代中期から1980年代初頭にかけて撮影された100点を超える作品を、当時のロンドンの風景や、撮影時のエピソードと共に一挙紹介。コラム、小山田圭吾との対談も収録される。表紙にはThe Style Council時代のポール・ウェラーの写真が用いられている。

登場ミュージシャンは、ポール・マッカートニー、ミック・ジャガー、キース・リチャーズ、ロン・ウッド、Queen、ボブ・マーリー、エリック・クラプトン、エルヴィス・コステロ、デヴィッド・ボウイ、Sex Pistols、The Clash、The Jam、ポール・ウェラー、The Police、U2、The Specials、Madness、ロリー・ギャラガー、ブライアン・フェリー、ブライアン・セッツァー、モリッシー、トレイシー・ソーン、シャーデー、ボーイ・ジョージ、デヴィッド・バーン、Japan、リッチー・ブラックモア、Black Sabbath、Iggy Pop、ロバート・フリップ、スティーヴ・ハケット、加藤和彦、YMOら。

細野晴臣は「こんなに素晴らしい写真集がなぜ今まで出なかった?70年代から80年代のロンドンがいかに濃密で面白かったか。その貴重な、しかも美しい写真で綴られる記録。現在の音楽界に失われた躍動がここにある」との推薦文を寄せている。

『LONDON RHAPSODY』表紙
『LONDON RHAPSODY』表紙
『LONDON RHAPSODY』より
『LONDON RHAPSODY』より
『LONDON RHAPSODY』より
『LONDON RHAPSODY』より
画像を拡大する(8枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌 1

    米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌

  2. 「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売 2

    「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売

  3. 堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM 3

    堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM

  4. 蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」 4

    蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」

  5. 菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定 5

    菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定

  6. シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で 6

    シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で

  7. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 7

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される

  8. サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動 8

    サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動

  9. 新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示 9

    新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示

  10. 柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる 10

    柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる