トン・ゼーの初来日公演が秋に開催 現在82歳、ブラジルの鬼才

トン・ゼーの来日公演が10月31日に東京・三鷹市公会堂光のホールで開催。あわせて11月2日と3日に静岡・掛川のつま恋リゾート彩の郷で開催される『FESTIVAL de FRUE 2019』に出演することが発表された。

1936年にブラジル・バイーア州に生まれたトン・ゼー。1960年代後半からブラジルで巻き起こった芸術運動「トロピカリア」の中心人物の1人として、カエターノ・ヴェローゾやジルベルト・ジルらと共に活動を共にした。サイケデリックかつ実験的な音楽性はデヴィッド・バーンらに称賛された。80歳を超えた現在も作品を発表し続けている。

現在82歳のトン・ゼーにとって、来日公演は今回が初めて。東京公演のチケットは、SS席とS席のみ6月28日12:00から先行販売する。A席とB席は7月10日12:00から販売。『FESTIVAL de FRUE 2019』のチケットは現在販売中だ。

イベント情報

『Tom Zé Japão Tour 2019』

『Tom Zé in Tokyo』 2019年10月31日(木) 会場:東京都 三鷹市公会堂光のホール 料金:前売 SS席15,000円 S席12,000円 A席10,000円 B席8,000円 『FESTIVAL de FRUE 2019』 2019年11月2日(土)~11月3日(日) 会場:早割2 2日通し券18,500円 キャンプサイト券(1名)2,000円 南駐車場駐車券3,000円
  • HOME
  • Music
  • トン・ゼーの初来日公演が秋に開催 現在82歳、ブラジルの鬼才

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて