『不思議惑星キン・ザ・ザ』アニメ版『クー!キン・ザ・ザ』予告編到着

アニメーション映画『クー!キン・ザ・ザ』の予告編が公開された。

ソ連の政治体制を皮肉めいた視点で描いた映画『不思議惑星キン・ザ・ザ』をゲオルギー・ダネリヤ監督自身がアニメ化した同作では、現代ロシアを戯画化して風刺。モスクワの大通りでパジャマ姿の裸足の宇宙人と遭遇し、キン・ザ・ザ星雲の惑星プリュクにワープした著名なチェリストのチジョフとDJ志望の青年トリクが、ほとんど「クー!」しか言葉が存在しない異星人たちを相手に地球に帰ろうと奮闘するというあらすじだ。5月14日から公開。ゲオルギー・ダネリヤ監督は完成後の2019年に88歳で逝去し、同作が遺作となった。

予告編では、「クー」と話す異星人らの姿や、釣鐘形宇宙船、「地球に帰るならセンターで加速器を買わないと」というセリフ、異星人がチジョフの演奏に対して「そんな曲はやめて 吐きそう」と言うシーンなどが確認できる。

ゲオルギー・ダネリヤ監督の命日である4月4日には、東京・ヒューマントラストシネマ有楽町、アップリンク吉祥寺で追悼先行上映を実施。詳細は『クー!キン・ザ・ザ』の特設サイトで確認しよう。

作品情報

『クー!キン・ザ・ザ』

2021年5月14日(金)からヒューマントラストシネマ有楽町、アップリンク吉祥寺ほか全国で順次公開
監督:ゲオルギー・ダネリヤ、タチアナ・イリーナ 音楽:ギア・カンチェリ 声の出演: ニコライ・グベンコ イワン・ツェフミストレンコ アンドレイ・レオノフ 上映時間:92分 配給:パンドラ
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『不思議惑星キン・ザ・ザ』アニメ版『クー!キン・ザ・ザ』予告編到着

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて