吉岡里帆と千葉雄大がURの取り組み&住環境を紹介 「UR賃貸住宅」新CM

UR賃貸住宅の新テレビCM「あたらしいくらし次々」篇が4月8日から全国で放映される。

同CMには、「URであーるガール」「URであーるボーイ」としてイメージキャラクターを務める吉岡里帆と千葉雄大が出演。URが進めている「あたらしいくらし」に向けた取り組みや、住み心地の良さを紹介するストーリーとなっており、吉岡と千葉のセリフでなじみのある「URであーる」の「であーる」を普段使いしている住人を見て、2人が驚く様子なども映し出される。

吉岡里帆のコメント

CMのみどころ
今回は、マルシェがあったりとか、キッチンカーがあったりとか、URって実はこんな工夫がありますよ、という部分がすごくストーリーの中に入っていて、今まであんまり見せていなかった一面が出ているのはすごくいいなと思いました。時代の変化と人々のニーズに合わせて、みなさんに喜んでいただけるようなURの取り組みをCMを通して感じました。

今回紹介したURの取り組みについて
前回はリモートワークにフォーカスしたCMだったんですけど、今回はおうちでの時間を過ごすことが増えた方が多いというのもあって、なかなか外に出られないときに、自分の住んでいる場所の敷地内に楽しみがあるということの重要性をすごく感じて頂けると思います。家からちょっと出てキッチンカーがあるなんて本当にいいなと思いました。

千葉雄大のコメント

CMのみどころ
相談に乗ってくれる「ゆあ~メイト」さんであったりとか、敷地内をきれいにしてくださる「クリーンメイト」さんとか、コミュニケーションをとったり、安心して暮らせる環境をURは整えているというのが表現されたCMになったんじゃないかなと思います。あと、僕たちがいつも言っている「URであーる」の「であーる」を、僕たち以外の人が初めて言うっていうところが、また新しいところだと思うので是非見ていただきたいですし、もう浸透していると思うんですけど、皆さんも「であーる」を楽しんで使っていただけたらいいのではないかと思うのであーる!

今回紹介したURの取り組みについて
おうちで仕事をしている方も増えてきたと思うんですけど、僕とかも家でずっと台本を読んでいたりするとなかなか煮詰まることとかがあるので、皆さんもパソコンに向かってずっと仕事をやっていると集中力が切れそうなときもあると思うんですけど、そういう時に集会所テレワークのような場所があれば、気分転換ができて、より集中力を高めて仕事の効率が上がるんじゃないかと思いました。

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 吉岡里帆と千葉雄大がURの取り組み&住環境を紹介 「UR賃貸住宅」新CM

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて