M・ウィンターボトム監督『グリード ファストファッション帝国の真実』予告

映画『グリード ファストファッション帝国の真実』の予告編と日本版ポスタービジュアル、場面写真が到着した。

6月18日から公開される同作の舞台はギリシャ・ミコノス島。ファストファッションのブランド経営で財を成すも、脱税疑惑や縫製工場の労働問題を追及されたリチャード・マクリディは、自身の還暦祝いでかつての威光を取り戻そうと目論むが、家族や部下、伝記作家との間に不協和音が生じ始めるというあらすじだ。リチャード・マクリディ役にスティーヴ・クーガンがキャスティング。『24アワー・パーティ・ピープル』『イン・ディス・ワールド』『グアンタナモ、僕達の見た真実』のマイケル・ウィンターボトムが監督と脚本を務め、スティーヴ・クーガンと7度目のタッグを組んだ。リチャードのモデルは、昨年に破産申請をした「TOPSHOP」などを保有していたアルカディア・グループのフィリップ・グリーン。

予告編にはリチャードの「服は金の卵を産むガチョウだ」という言葉や、発展途上国の下請け会社に低予算を強要する姿、「工場の従業員は1日数ドルで働いてますね」と指摘されて「俺は悪くない」と反論する様子、招待客が全員欠席することを知って代役を立てようとする場面、「俺は何も恐れない」と嘯く姿などが確認できるほか、ピクシー・ロットの歌唱シーンも使用されている。

ランウェイを闊歩するリチャードに無表情のオーディエンスが拍手を送る姿が映し出された日本版ポスタービジュアルには、「ようこそ、あなたの知らない巨大ビジネスのヤバい世界へ」というコピーが添えられている。

作品情報

『グリード ファストファッション帝国の真実』

2021年6月18日(金)からTOHOシネマズ シャンテほか全国で公開
監督・脚本:マイケル・ウィンターボトム 出演: スティーヴ・クーガン アイラ・フィッシャー シャーリー・ヘンダーソン エイサ・バターフィールド 上映時間:104分 配給:ツイン
  • HOME
  • Movie,Drama
  • M・ウィンターボトム監督『グリード ファストファッション帝国の真実』予告

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて