北村匠海がアンバサダー、TikTok×東宝『TikTok TOHO Film Festival 2021』

映画祭『TikTok TOHO Film Festival 2021』が開催。公式アンバサダーに北村匠海が就任した。

TikTokと東宝が新たなクリエーターを発掘し、映像、映画を共創することで映画業界を盛り上げることを目的にした同映画祭。スマートフォンを持つ13歳以上の人が対象となり、将来性およびポテンシャルのあるクリエイターを発見し、育成をサポートする。審査員は三池崇史、山田智和、しんのすけ。

アドビは同映画祭の協力企業として、参加者全員に編集ワークショップとAdobe Stockの無料素材を提供。ファイナリストには、Adobe CreativeCloudコンプリートプラン12か月版の無料提供などの支援を行なう。グランプリ受賞者は東宝プロデュースによる新作映像の制作権利および制作補助費のサポートが贈られる。

「#TT映画祭2021」を付けて、TikTokに動画を投稿すれば応募完了。4月12日から動画作品の公募がスタートする。詳細は『TikTok TOHO Film Festival 2021』の特設サイトで確認しよう。

北村匠海のコメント

TikTok TOHO Film Festival 2021 アンバサダーに就任しました北村匠海です。

すごく純粋に楽しみです。
今回のこの企画で、僕自身もたくさんの刺激を受けると思いますし、きっと新たな才能が華咲くんだろうなと、ワクワクしています。

三池崇史のコメント

凄い映画祭が来た。『TikTok』×『東宝』って最強じゃないか!?
次世代のクリエイターにとって、これ以上の戦場はないだろう。
「参加しない」という選択肢は無い。
自由に、楽しみながら、新しい明日を手に入れよう!
映画監督 三池崇史

しんのすけのコメント

この度審査員に就任しました、映画感想 TikTok クリエイターのしんのすけです。
常に新しい映像が溢れるTikTokで、改めて“映画”という物を見直す良い機会でもあり、誰にでも無限大のチャンスを秘めている企画だと思っています。
とにかく、面白い作品が観れることを楽しみにしています!

  • HOME
  • Movie/Drama
  • 北村匠海がアンバサダー、TikTok×東宝『TikTok TOHO Film Festival 2021』

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて