トーキング・ヘッズのコンサート映画『STOP MAKING SENSE』1週間限定上映

映画『STOP MAKING SENSE』が4月30日から東京・渋谷のシネクイントで1週間限定上映される。

1984年に公開された『STOP MAKING SENSE』は、1983年にロサンゼルスで行なわれた3回のライブから、Talking Headsの数々の楽曲を収録したコンサートフィルム。バンドメンバーには、デヴィッド・バーン、ティナ・ウェイマウス、クリス・フランツ、ジェリー・ハリソンのほか、バーニー・ウォーレル、アレックス・ウィアー、スティーヴ・スケールズ、リン・マブリィ、エドナ・ホルトが名を連ねる。監督は『羊たちの沈黙』のジョナサン・デミ。

『STOP MAKING SENSE』は、レイトショー上映で1億円という興行で成功を収め、2000年にリバイバル上映、2017年に『爆音映画祭』で上映。渋谷での公開時は渋谷公園通りに長い行列ができたという。5月7日からはデイヴィッド・バーンとスパイク・リーがコラボした最新映画『アメリカン・ユートピア』が公開。

作品情報

『STOP MAKING SENSE』

2021年4月30日(金)~5月6日(木)にシネクイントで上映
監督:ジョナサン・デミ 脚本:ジョナサン・デミ、Talking Heads 音楽・出演:Talking Heads 上映時間:88分 配給:boid
  • HOME
  • Music
  • トーキング・ヘッズのコンサート映画『STOP MAKING SENSE』1週間限定上映

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて