Eテレの番組オープニング&クロージング映像リニューアル 監督は牧野惇

NHK Eテレの2021年度番組編成改定に伴い、番組オープニング、クロージング映像が約12年ぶりにリニューアルされた。

新たなオープニング映像『開く、いちにち』は「テレビをつけることで世界が広がる」というコンセプトを、クロージング映像『閉じる、いちにち』は様々な生き物が夢の中へ入っていく情景を、約20秒のパペットアニメーションで描いている。映像監督を務めたのはYOASOBI“群青”、Mr.Children“ヒカリノアトリエ”などを手掛けたほか、CMディレクターとしても活動している牧野惇。音楽を上水樽力が作曲し、太陽企画が制作した。

両映像はNHK Eテレの公式Twitterアカウントでも公開。同アカウントのアイコンとヘッダー画像が映像中のキャラクターたちに一新されている。

4月17日にはNHK Eテレで『Eテレ 新オープニング+クロージング映像はこうして作られた』が放送。牧野惇と上水樽力が出演する。

番組情報

『Eテレ 新オープニング+クロージング映像はこうして作られた』

2021年4月17日(土)16:05〜16:10にNHK Eテレで放送 出演: 牧野惇 上水樽力
  • HOME
  • Movie,Drama
  • Eテレの番組オープニング&クロージング映像リニューアル 監督は牧野惇

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて