マガジンハウスが福祉をテーマにしたメディアプロジェクトを始動

マガジンハウスの新たなメディアプロジェクトが始動。第1弾としてウェブマガジン『こここ』が創刊した。

マガジンハウスは福祉とクリエイティブをテーマにしたメディアプロジェクトをスタート。『こここ』では「個と個で一緒にできること」を合言葉に福祉につらなる人や場所、活動、表現、創造性をたずね、紹介していくメディア事業を軸にラボ事業も展開していく。

創刊時のコンテンツには、りんたろー。(EXIT)と菅原直樹(OiBokkeShi)が語る「介護の話」、写真家・齋藤陽道によるポートレート連載「働くろう者を訪ねて」、美学者・伊藤亜紗に訊く「個と個で出会うために大切なふるまい」、ダイアログ・ミュージアム『対話の森』体験レポート、放課後等デイケアサービス「ホハル」代表・滝沢達史インタビュー、福祉に関わるプロダクトを紹介するシリーズ「こここなイッピン」、クリエイターや専門家による書籍紹介シリーズ「こここ文庫」などがラインナップ。

  • HOME
  • Life&Society
  • マガジンハウスが福祉をテーマにしたメディアプロジェクトを始動

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて