『第32回東京学生映画祭』10月開催&作品募集中 深田晃司、井口奈己が応援

『第32回東京学生映画祭』が10月19日から22日にかけて東京・渋谷のユーロライブ、10月23日にLOFT9 Shibuyaで開催される。

東京都内の大学生が企画運営する『東京学生映画祭』では、学生が制作した映像作品を全国から募り、コンペティション形式でグランプリを決定。過去の出身者に青山真治、熊澤尚人、中村義洋、月川翔、小泉徳宏、山戸結希らがいる。

今年度は「僕は今、可能性をみてる。」をスローガンに掲げ、従来の映画館での映画上映に加えて、カフェスペースを使った新企画も予定しているとのこと。5月9日まで作品を募集中。応募条件は「監督が学生であること」。エントリー料が必要となる。また運営メンバーの応募も受け付けている。

今回の発表とあわせて、深田晃司、井口奈己の応援コメントが到着。

深田晃司のコメント

映画ばかりを見て育った自分は数々の名画に憧れその背中を追いかけて映画学校に入学し自主制作を始めました。
そして自分が脳内で思い描いていた映画と現実に自分が撮ってしまった映画のあまりの落差に愕然としたものですが、そのときに映画祭や上映会で、自分と同じような環境で自主制作をしている監督たちの試行錯誤や自分よりも全然先を行っている同世代の作品たちを目の当たりにし、過去の偉大な名作とばかり向き合っていては得られないものがあると思い知りました。
学生映画とは何でしょう。堂々と大胆に失敗しても許される場であり時間であると自分は思っています。その経験から監督それぞれがそれぞれの個性や可能性のようなものを見つけていって欲しいと願います。もちろん、学生映画とバカにすんなとばかりにとんでもない傑作が生まれることにもまた恐れつつ期待しています。
コロナ禍であろうがなかろうが、今このときにしか撮れない映画はあるはずです。東京学生映画祭が今年も開催されることを嬉しく思います。運営の皆様の尽力に感謝します。

井口奈己のコメント

100年に一度のパンデミックの時に、学校も閉鎖され、人に会うことも叶わなくなったこの時期だからこそ、撮り得た映画というものがあるのかもしれません。今いるその場所からの発信。小さくても微かでも、誰かに届くかもしれない可能性に満ちた映画を、誰かの人生に本質的に関係のある映画を、見ることができるのではないかという期待を持って、東京学生映画祭の開催を楽しみにしています。

イベント情報

『第32回東京学生映画祭』

2021年10月19日(火)〜10月22日(金) 会場:東京都 渋谷 ユーロライブ 2021年10月23日(土) 会場:東京都 LOFT9 Shibuya
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『第32回東京学生映画祭』10月開催&作品募集中 深田晃司、井口奈己が応援

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて