菅田将暉主演のリメイク映画『CUBE』、「死ぬ部屋の日」に特別映像公開

映画『CUBE』の特別映像が到着した。

10月22日から公開される同作は、1997年に公開されたヴィンチェンゾ・ナタリ監督『CUBE』の初公認リメイク作品となる密室サスペンス。謎の立方体「CUBE」に閉じ込められた何の接点も無い6人の男女が、殺人的なトラップに襲われながらも暗号を解読し、「生きる」ために脱出しようとする姿を描く。エンジニアの後藤裕一役を菅田将暉、団体職員の甲斐麻子役を杏、フリーターの越智真司役を岡田将生、中学生の宇野千陽役を田代輝、整備士の井手寛役を斎藤工、会社役員の安東和正役を吉田鋼太郎が演じる。

今後、同作の危険の象徴である「CUBE」=「部屋」に掛けて、毎月18日を「『CUBE』=部屋の日」と制定し、様々な情報を発表。特別映像は4月18日の「死ぬ部屋の日」を記念して公開される。

「目覚めたら<<CUBE>>の中だった」というコピーから始まる特別映像には、後藤の姿などが映し出されている。

今回の発表とあわせてオフィシャルサイトがリニューアル。劇中で登場人物たちに襲いかかるレーザー照射、ガス噴射、感情で変化する部屋の色など、全28通りの「危険なトラップ」が時間によって発動する仕組みとなっている。トラップの発動条件は素数とのこと。

作品情報

『CUBE』

2021年10月22日(金)公開
監督:清水康彦 原作:ヴィンチェンゾ・ナタリ『CUBE』 出演: 菅田将暉 杏 岡田将生 田代輝 斎藤工 吉田鋼太郎 配給:松竹
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 菅田将暉主演のリメイク映画『CUBE』、「死ぬ部屋の日」に特別映像公開

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて